オリエントスズメバチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オリエントスズメバチ
オリエントスズメバチ
Vespa orientalis, Lato archaeological site (Agios Nikolaos, Crete, Greece)
分類
: 動物界 Animalia
: 節足動物門 Arthropoda
: 昆虫綱 Insecta
: ハチ目(膜翅目) Hymenoptera
亜目 : ハチ亜目(細腰亜目) Apocrita
上科 : スズメバチ上科 Vespoidea
: スズメバチ科 Vespidae
亜科 : スズメバチ亜科 Vespinae
: スズメバチ属 Vespa
: オリエントスズメバチ V. orientalis
学名
Vespa orientalis
Linnaeus, 1771
和名
オリエントスズメバチ
英名
Oriental hornet

オリエントスズメバチVespa orientalis)は、ハチ目スズメバチ科英語版スズメバチ亜科スズメバチ属の昆虫の一種。

形態[編集]

オリエントスズメバチは、モンスズメバチに外観が非常によく似ている。オオスズメバチと混同すべきではない。

女王蜂の体長は25~35mmで、雄バチや働きバチはそれよりも小さい。

オスの触角は13節だが、メスは12節である。

生態[編集]

2010年にイスラエルイギリスの大学の研究チームは、腹の黄色い縞は太陽の光を取り入れ、エネルギーに変換することができる事を発見した。 実際に、主な代謝活動は黄色色素層で生じている。その処理は、キサントプテリン英語版と呼ばれる色素によって実現されている。この事は、この昆虫がほとんどのスズメバチと違って、強烈な日差しの間に多く活動している理由の説明となるかもしれない[1]

分布[編集]

地中海沿岸でよく見られるが、マダガスカルインドでも見つける事ができる[2]。しかしながら、人間の移入のために、その生息地南アメリカメキシコまで広がり始めている[3]

出典[編集]

  1. ^ Walker, Matt (2010年12月6日). “Oriental hornets powered by 'solar energy'”. BBC Earth News. 2010年12月9日閲覧。
  2. ^ Buxton, P. A. (July 1920). “CARRIAGE OF COLIFORM BACILLI BY THE ORIENTAL HORNET”. The Journal of Hygiene (Cambridge University Press) 19 (1): 68–71. JSTOR 3859114. PMC 2206882. PMID 20474704. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=2206882 2011年10月4日閲覧。. 
  3. ^ Dvorak, Libor (June 2006). “Oriental Hornet Vespa orientalis Linnaeus, 1771 found in Mexico”. Entomological Problems 36: 80. http://www.npsumava.cz/storage/vyzkum/Mexicoorientalis.pdf 2011年10月4日閲覧。. 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]