オリアブ島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

オリアブ島: Isle of Oriab)は、架空の神話体系クトゥルフ神話に登場する架空の土地。ハワード・フィリップス・ラヴクラフトの小説『未知なるカダスを夢に求めて(The Dream Quest of Unknown Kadath)』の舞台の一つとなった。

地理[編集]

オリアブ島は、人間の深い眠りの底にある世界ドリームランドの南方に位置している。ドリームランドの大陸南方の港湾都市ダイラス・リーンと航路が繋がっており、前述の作中では帆船で10日間の航海を要した。肥沃で緑に覆われた大地と、常に冠雪する巨峰ングラネク山を有する。

ハバルナ港[編集]

オリアブ島の玄関となっている、島北部の港町。町の全体大運河が流れており、通りに面した建物はアーチによって上部で繋がっている。花崗岩のアーチによって開かれた水路は船が行き来でき、内陸にあるヤス湖へまで通じている。

ヤス湖[編集]

ハバルナ港の真南に、豊かな水量を保つヤス湖が位置している。湖畔の丘には小さな村があり、小さな石造りの建物や香りの良い木々の建物が立ち並んでいる。小説『未知なるカダスを夢に求めて』においては、主人公が乗船した帆船の船長の自宅がここにあり、一晩の宿を借りている。ハバルナからヤス湖を沿う形で、ングラネク山への道が伸びている。また、村の対岸には古代都市の遺跡があるが、夜行性の悪鬼「ワンプ」の住処となっており、訪れる者はない。

ングラネク山[編集]

標高約1万メートルとも言われる休火山。ハバルナから麓まで、ドリームランドの一般的な移動手段であるシマウマに乗り、約2日の距離にある。山の北側には溶岩採りを営む人々が暮らす。ただし人の領域は限定的なもので、山の裏側へは溶岩に満ちた谷と絶壁が隔てており、自ら足を踏み入れるものは少ない。また、山の南部にはナイトゴーントたちが群れをなしており、偉大なる深淵の主ノーデンスの命令で「大地の秘密」を守っている。侵入した人間は彼らに捕らえられ、ナスの谷まで運ばれて運び置き去りにされる。ナスの谷には全長数百メートルに及ぶ不可視の巨大ミミズのドール族と、堕落した人間の成れの果てである食屍鬼が巣食っており、いずれも置き去りにされた人間たちを餌とする。ナイトゴーントから逃れて谷を超えると、これまで昇ったよりもさらに高いングラネク山の頂が見えてくる。その山肌には大地の神々の顔が刻まれている。

参考文献[編集]

  • “未知なるカダスを夢に求めて” 「ラヴクラフト全集6(創元推理文庫)」収録:ISBN4-488-52306-4