オライオン (アルゼンチンのロケット)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オライオン1

オライオン(Orion)はアルゼンチン観測ロケット1965年から1971年に使用された。オライオン1とオライオン2が存在する。

オライオン1[編集]

オライオン1(Orion-1)は技術試験ロケットで、オライオン2に向けたモータとロケット技術を確認した。1965年10月1日1966年7月1日の2回CELPAにて打ち上げられた。

  • 高度:95 km
  • 重量:100 kg
  • 直径:0.21 m
  • 全長:3.00 m
  • ペイロード:10 kg(80 kmの弾道軌道)

オライオン2[編集]

オライオン2(Orion-2)は単段式固体燃料観測ロケット。1966年5月19日から1971年12月19日に20回発射され、うち1回失敗している。ロケットの最高速度は548 m/sに達した。

  • 高度:95 km
  • 重量:100 kg
  • 直径:0.21 m
  • 全長:3.77 m
  • ペイロード:25 kg(160 kmの弾道軌道)

参考文献[編集]