オヤビッチャ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オヤビッチャ
Abudefduf vaigiensis 1.jpg
オヤビッチャ Abudefduf vaigiensis
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 条鰭綱 Actinopterygii
: スズキ目 Perciformes
亜目 : ベラ亜目 Labroidei
: スズメダイ科 Pomacentridae
亜科 : ソラスズメダイ亜科 Pomacentrinae
: オヤビッチャ属 Abudefduf
: オヤビッチャ A. vaigiensis
学名
Abudefduf vaigiensis
(Linnaeus, 1758)
和名
オヤビッチャ
アブラウオ
シマヤハギ
英名
Indo-Pacific sergeant
Sergeant major

オヤビッチャ (親美姫、Abudefduf vaigiensis) は、スズキ目ベラ亜目スズメダイ科に属するの一種。

分布[編集]

インド洋から西太平洋日本オーストラリア)にかけての温暖な地域に広く分布する。近年、地中海でも発見された。

日本では千葉県以南に生息する。

形態[編集]

全長約20cm。体側に5本のい横が入るのが特徴である。地色は灰色だが、背中黄色を帯びる。地色は求愛期にくなる

生態[編集]

水深12mまでの沿岸岩礁珊瑚礁に棲み、若魚はタイドプールでも見られる。 全長約3cm以下の幼魚流れ藻について表層で生活する。

高温期に垂直な岩壁に産卵し、が守る。

食性[編集]

雑食性だが、動物質を好む。

利用[編集]

食用だが、食材として利用されることは少なく、観賞用に飼われ、人気がある。

但し、九州沖縄では総菜魚として利用され、大きな個体は煮付けフライにすると美味だとされる。

しかし、本種を食べてシガテラ中毒になった例がある。

名称[編集]

オヤビッチャの語源は諸説ある。

  • 「ビッチャ」は東北地方などで赤ん坊という意味で、親になっても赤ん坊のように小さい魚の意という説。
  • 沖縄方言が走ると言う意味の「アヤビッチ」から来ているという説。

別名[編集]

地域によっては別の名前で呼ばれることがある。 アブラウオ、シマヤハギ(縞模様スズメダイ〈ヤハギは地方名〉)、マツウオ、セセラなど。

ギャラリー[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]


外部リンク[編集]