オメロ・マンシ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オメロ・マンシ
HomeroManzi.jpg
基本情報
出生 1907年11月1日
出身地 アルゼンチンの旗 アルゼンチン
アニャトゥージャ
死没 1952年5月3日(満44歳没)
アルゼンチンの旗 アルゼンチン
ブエノスアイレス
ジャンル タンゴ
職業 作詞家

オメロ・マンシ(Omero Manzi, 1907年11月1日 - 1952年5月3日)は、アルゼンチン人で、タンゴの楽曲 「スール」 Sur の作詞で知られる。その他、作詞したタンゴは、多数に上る。

生涯[編集]

ジャーナリズムの仕事に短い間勤めた後、文学と教授をしていたが、「急進市民同盟Unión Cívica Radical の党員だったため、教授を辞めることとなり、芸術の道に進む。

1931年に、セバスティアン・ピアナ作曲で、オメロ・マンシが作詞したミロンガ・センチメンタル Milonga sentimental がヒットする。ミロンガやタンゴの作詞家としてヒット作を出す。タンゴの街 Barrio de tango で、アニバル・トロイロ作曲のタンゴの作詞を始めて手がける。

オメロ・マンシ作詞の最も有名なタンゴは、1948年スールであろう。サンファンとボエドという、「スール」 の出だしに出てくる地名の場所の角のオメロ・マンシがこの歌詞を書いたとされる喫茶店は閉店したが、その場所に、エスキーナ・デ・オメロ・マンシ Esquina de Omero Manzi というタンゲリアがある。

1952年にオメロ・マンシは死去する。死ぬ前の遺作は、「ペロンに捧げるミロンガとエビータに捧げるミロンガ」 Milonga a Perón y Milonga a Evita である。当時の大統領のフアン・ペロンの体制に反対の立場だったオメロ・マンシのエスプリがうかがえる。

アニバル・トロイロは、オメロ・マンシを悼み、レスポンソ Responso と ア・オメロ A Homero というタンゴ2曲を作曲した。

オメロ・マンシ作詞の有名なタンゴ・ミロンガ ・ワルツ[編集]

外部リンク[編集]