オペレーション・ワルキューレ (テレビ映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オペレーション・ワルキューレ
Stauffenberg
監督 ヨー・バイアー
脚本 ヨー・バイアー
製作 ガブリエラ・シュパール
ヨアヒム・コザック
カール・ベルゲングリューン
音楽 エンヨット・シュナイダー
撮影 ギュナー・フス
公開 2004年
上映時間 92分
製作国 ドイツの旗 ドイツ
言語 ドイツ語
テンプレートを表示

オペレーション・ワルキューレ』(原題: Stauffenberg)は、2004年にドイツの公共放送ARDが製作したテレビ映画テレビドラマ)。監督はヨー・バイアーJo Baier)。

1944年7月20日のヒトラー暗殺未遂及び反ナチスクーデター未遂事件を、ヒトラー暗殺未遂の実行犯であるクラウス・フォン・シュタウフェンベルク大佐の視点から描く。

ストーリー[編集]

第二次世界大戦中、ドイツ陸軍将校シュタウフェンベルクは東部戦線北アフリカ戦線を転戦しながら、ヒトラーに対する不信感を募らせていた。北アフリカで移動中、イギリス空軍機の機銃掃射によって左目と右手の指全部、左手の薬指と小指を失うほどの重傷を負う。

傷は回復したが前線勤務が不可能となったシュタウフェンベルク大佐は国内予備軍の参謀長として軍務に復帰する。陸軍内部の反ヒトラー組織(黒いオーケストラ)に参加し、ヒトラー暗殺と同時にドイツ国内での大規模な騒乱鎮圧作戦「ワルキューレ作戦」を発動して政治権力をナチスから奪取するクーデターを計画する。

運命の1944年7月20日、東プロイセンにある総統大本営のひとつ、ヴォルフスシャンツェ(狼の巣)で行われる会議に出席を命じられたシュタウフェンベルク大佐は、ヒトラー暗殺のために爆弾を持ち込み、ヒトラーを爆殺しようとする。

キャスト[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]