オペレーション・マネジメント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

オペレーション・マネジメント(Operations Management)とは、インプットを製品やサービスに変えるプロセスの方向性や制御(コントロール)のことである。

歴史[編集]

20世紀の半ばまで研究対象はメーカーに限られていたため産業マネジメントもしくは生産マネジメントと呼ばれていた。今日では管理者はプロセス分析、品質、ジョブデサイン、生産能力、施設ロケーション、レイアウト、在庫、スケジュール等のコンセプトを生産同様、サービスにも適用する。

関連項目[編集]