オペラ座の怪人 (1986 ミュージカル)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
The Phantom of the Opera
作曲 アンドルー・ロイド・ウェバー
作詞 チャールズ・ハート
リチャード・スティルゴー (補作)
脚本 アンドルー・ロイド・ウェバー
リチャード・スティルゴー[1]
原作 1910 book Le Fantôme de l'Opéra by ガストン・ルルー
上演 1986 ウエストエンド
1988 ブロードウェイ
2004 映画化
2011 25周年記念
他多数
受賞 1986 ローレンス・オリヴィエ賞 ミュージカル作品賞
1988 トニー賞 ミュージカル作品賞

オペラ座の怪人』(オペラざのかいじん、The Phantom of the Opera)は、フランスの作家ガストン・ルルーの小説「オペラ座の怪人」を基にしたミュージカルである。

作品[編集]

オリジナル・スタッフ[編集]

概要[編集]

『オペラ座の怪人』は豪華な衣装や舞台装置に大金をつぎ込むメガミュージカルの先駆けとして、1986年10月9日ロンドンウエストエンドの「ハー・マジェスティ劇場」(英語)夏目漱石も英留学中に観劇している)で初演され、1988年1月26日にはニューヨークブロードウェイでも上演がはじまり、大ヒットとなった。ロンドンでは『レ・ミゼラブル』に次ぐミュージカル史上第2位の22年、ニューヨークでは21年の史上最長ロングラン公演記録を現在も更新している。

東京でも1988年の4月に劇団四季が上演を開始した。日本でも上演劇場を変えながら断続的に長期公演を行っている。

19世紀末のパリオペラ座(オペラ・ガルニエ)が舞台。パリのオペラ座の地下に住み、劇場関係者から恐れられている怪人と、怪人に歌手としての素質を見いだされレッスンを受けるコーラスガールのクリスティン・ダーエと、その幼なじみで新たにオペラ座の後援者となったラウル子爵の3人を巡る三角関係のストーリーが描かれる。

ルルーの原作の雑多なストーリーを刈り込み、登場人物を絞り込んで、怪奇ものでありながら怪人を中心としたラブ・ロマンスに焦点を当てている。ロイド=ウェバーによる流麗な音楽、豪華な舞台衣装や美術、鮮やかな舞台転換などが多くのファンを引きつけている。

ロイド=ウェバーが、当時ミュージカル俳優としては無名だった妻サラ・ブライトマン(現在は離婚)を、ニューヨークブロードウェイの俳優協会の反発を押し切って主役に抜擢。音域も彼女に合せたものとされる。ちなみに、彼女はこの年のトニー賞主演女優賞を逃しているが、これは俳優協会からの反感の表れとも言える。彼女を世界のトップスターに押し上げた作品でもあり、ラスト近く、クリスティーヌが指輪をファントムに返しに戻るシーンなど、全編ブライトマンへのオマージュにあふれている。

あらすじ[編集]

19世紀末のパリオペラ座の地下にファントムは隠れ住んでいた。産まれもった顔の奇形のせいで世間から迫害され、母親からも見捨てられて孤独だった彼は、いつしかオペラ座のコーラスガール、クリスティーヌへ恋心を抱くようになる。

天才的な音楽家としての才能を持っていたファントムは、楽屋の裏にその姿を隠しながら、自らをエンジェルオブミュージックと称してクリスティーヌに歌を教え始めた。ファントムの指導によって、ただのコーラスガールだったクリスティーヌの歌の才能は開花し、ついにプリマドンナの地位を手にするのである。

プリマドンナとして舞台の上で歌うクリスティーヌを見て、オペラ座のパトロンで子爵のラウルは、クリスティーヌが昔よく遊んだ幼馴染みであることに気付く。舞台の上で輝くクリスティーヌとの再会に一気に心引かれたラウルは、舞台の後食事に誘うため楽屋を訪れる。しかし、その夜クリスティーヌはラウルではなくファントムを選び、一夜を共にするのだった。

次の日の朝、戯れにファントムの仮面を剥ぎ取ったクリスティーヌは驚愕する。ファントムの醜悪な人相に壊死した皮膚を見た彼女は、ファントムを捨ててラウルと秘密裏に婚約をするのだった。クリスティーヌの裏切りに怒り狂ったファントムは・・

海外公演[編集]

ロイド=ウェバーの「オペラ座の怪人」は幾つかの言語に翻訳され、六大陸の20以上の国で上演されている。これらの公演は、舞台装置・演出・大道具・衣装デザインなど、すべてがロンドンのオリジナル公演で使われたものと同等のものを利用している。

唯一の例外として、幕間無し・上演時間95分のバージョンの「ファントム:ラスベガス・スペクタクル」 (Phantom: The Las Vegas Spectacular) が2006年6月24日からラスベガスのベネチアン・ホテル&カジノで初日を迎えている。この上演版は、オリジナルの演出家であるハロルド・プリンスが演出しており、最新の技術と演出効果が特徴。さらに、凝った装飾で建てられた劇場は、パリのオペラ座を模して作られたもの。

「オペラ座の怪人」の移動公演を行なっている劇団が二つある。一つはアメリカとカナダを回っている劇団であり、もう一つは東南アジアを回っている劇団である。

オリジナルロンドンキャスト[編集]

オリジナルブロードウェイキャスト[編集]

各国での公演[編集]

  • オーストリア:ドイツ語版。ウィーンの Theater an der Wien で、1988年12月20日初日。
  • カナダ:トロントで10年以上ロングラン公演を行った。
  • デンマーク:コペンハーゲンの Det Ny Teater にて。
  • ハンガリー:ブダペストの Madách Theatre にて2003年より。オリジナルの衣装とセットを利用しているが、唯一、演出 (staging) の変更が許された公演版。
  • 日本:劇団四季により1988年から断続的に上演。最初の英語以外での公演版となる。詳細は下記。
  • オランダ:スヘフェニンゲンの Circus Theatre にて。
  • 南アフリカ:2004年にケープタウンで上演。
  • スウェーデン:ストックホルムの劇場、Oscarsteatern にて。
  • ブラジル:2005年にサンパウロの Abril 劇場にて。

25周年記念公演[編集]

2011年10月1日と2日にロンドンロイヤル・アルバート・ホールにて開催。

キャスト

カーテンコールに、キャメロン・マッキントッシュ、アンドリュー・ロイド=ウェバーが登場し、続いてオリジナル・ロンドン・キャストを紹介。その後にマイケル・クロフォードとサラ・ブライトマンが、ホール中のスタンディング・オベイションの中、舞台に招かれた。最後にサラ・ブライトマンと歴代代表するファントム役(コルム・ウィルキンソン英語版アンソニー・ワーロウ英語版ジョン・オーウェン=ジョーンズ英語版ピーター・ジョバック英語版、ラミン・カリムルー)が『ファントム・オブ・ジ・オペラ』と『ミュージック・オブ・ザ・ナイト』をリレーで歌い、ロングランを祝った。

日本での公演[編集]

全て劇団四季による公演である。

日本版スタッフ[編集]

  • 日本語台本・演出:浅利慶太
  • 翻訳:安東伸介
  • 技術監督:沢田祐二

公演日程[編集]

四季版オリジナルキャスト[編集]

ミュージカルの言語である英語で発音するとダーエの名前は「クリスティン」だが、ガストン・ルルーの原作のフランス語での読みに従い「クリスティーヌ」と日本語版ではなっている。

歴代主要キャスト(劇団四季)[編集]

※太字は2013年現在キャスティングされているキャスト。

受賞歴[編集]

  • 第17回 (1988年) ぴあテン 演劇部門 第一位
  • 第19回 (1990年) ぴあテン 演劇部門 第一位


録音版[編集]

オリジナルのロンドンキャストをはじめ、カナダ版、韓国版、オランダ版、スウェーデン版、ハンガリー版、オーストリア版、日本版等、各上演版毎のCDが発売されている。日本版では三種発売され、うち一種が絶版。絶版になったこのCDはオークション等で高値で取引されている。

キャスト[編集]

主要キャスト[編集]

以下、海外版について。

  • ファントム (The Phantom)  (テノール/バリトン)
    オペラ座の怪人 (The Phantom of the Opera) その人。ガストン・ルルーの小説では、オペラ座の亡霊 (The Ghost of the Opera)、オペラの幽霊 (Opera Ghost)、あるいはエリックと呼ばれている。オペラ座の地下に住む天才作曲家&演奏家。出生時より異形の顔をもち、白い仮面の背後に隠れつつ、「オペラの幽霊」としてマネージャーや役者に知られている。
    怪人役は一般にマイケル・クロフォードやスティーブ・ハーリー等テノールの役者が演じているが、バリトンが演じたことも多数ある。映画版のジェラルド・バトラーや、1200以上に及ぶ役を演じ、ブロードウェイでの最多役記録をもつハワード・マクギランらもバリトンである。ロックバンド キッスポール・スタンレーは数ヶ月の間だけだがカナダ(トロント)の公演で怪人を演じたことがある。(→ ポスター)
  • クリスティン・ダーエ (Christine Daaé) (ソプラノ)
    オペラ座のコーラスガール。著名なバイオリニストの娘。才能はあったが、怪人がクリスティンを保護下におき、歌を教え込むまでは、見出されることは無かった。代表的な役者はサラ・ブライトマン等。
  • ラウル・シャニュイ子爵 (Vicomte Raoul de Chagny) (バリトン)
    オペラ座のパトロン。クリスティンの幼馴染で、オペラ座で歌っているクリスティンを見て彼女に気がついた。
  • カルロッタ・ジュディチェルリ (Carlotta Giudicelli) (ソプラノ)
    オペラ座の筆頭プリマドンナ (leading diva)。クリスティンの公演が大成功してから、彼女に嫉妬している。
  • マダム・ジリー (Madame Giry) (メゾ・ソプラノ)
    オペラ座のバレエ教師 (ballet mistress)。そして怪人のスポークスマン的な役割を担い、怪人のメモ等をオペラ座の支配人らに運ぶ。
  • メグ・ジリー (Meg Giry) (メゾ・ソプラノ)
    マダム・ジリーの娘。バレエ・コーラスの一員で、クリスティンの友人。
  • ムッシュ・リシャール・フィルマン (Monsieur Richard Firmin) (バリトン)
    オペラ座の支配人。不平屋。
  • ムッシュ・ジル・アンドレ (Monsieur Gilles André) (バリトン)
    オペラ座の支配人。軽薄。
  • ウバルド・ピアンジ (Ubaldo Piangi) (テノール)
    オペラ座の筆頭テノール歌手。

その他キャスト[編集]

  • ジョゼフ・ブケー (Joseph Buquet) (バリトン)
    オペラ座の主席舞台係 (chief stagehand)。ファントムの存在について何か知っている。
  • マエストロ・レイエ (Maestro Reyer) (歌唱なし)
    オペラ座の主席劇場指導員、ないし舞台監督(あるいは指揮者)
  • ムッシュ・ルフェーブル (Monsieur Lefèvre) (歌唱なし)
    オペラ座で前オーナー。フィルマンとアンドレに劇場を売却。
  • 競売人
  • ドン・アッティーリオ (Don Attilio)
  • ヘア・ドレッサー
  • 宝石商
  • コントラルト
  • フィルマン夫人

ダブルキャスト[編集]

クリスティン役は通常、二人の役者によって共有される役である。正規の女優は週に6公演を担当し、もう一人は残りの2公演を担当する。この慣例はロンドン公演とブロードウェイ公演のオリジナル・キャスト、サラ・ブライトマンから始まった。これは、サラはロイド=ウェバーによりエビータのオリジナル公演に出演予定になっていたが、表向きは役柄の声量的限界のためである。 週に2公演を担当するダブルキャスト無しでクリスティンを演じることが許された唯一の女優は、ロサンジェルス公演におけるオリジナル・キャスト、デール・クリスティンだけであった(日本では、一週続けて同じ女優が演じるのが普通である)。

コペンハーゲンやブダペストの公演のように、一部の公演版ではファントム役も週間ダブルキャスト制を用いている。

代役[編集]

怪人とクリスティンの両役ともに、劇中において代役を利用する場面がある。最初の場面は、クリスティンが怪人と共に鏡の中に入っていくシーンである。ステージ上を下手から上手に向けて走っていく場面が代役である。次の場面は、階段を下っていくシーンであり、本物の役者たちはナンバーの最後、ボートに乗って表れる(この場面までずっと代役が舞台に出ている)。また、この場面における怪人とクリスティンの歌は、各公演版の必要に応じ、事前に録音されたものとなる。

歌曲[編集]

  1. 序曲
    <劇中劇:ハンニバル(アイーダ)>
  2. Think of Me (クリスティン)
  3. Angel of Music (クリスティン、メグ)
  4. Little Lotte (クリスティン、ラウル)
  5. The Mirror (Angel of Music) (ファントム、クリスティン)
  6. The Phantom of the Opera (ファントム、クリスティン)
  7. Music of the Night (ファントム)
  8. I Remember.../Stranger Than You Dreamt It (クリスティン、ファントム)
  9. Magical Lasso (ブケー、マダム・ジリー)
  10. Notes.../Prima Donna (カルロッタ、ファルマン、アンドレ)
    <劇中劇:イルムート(フィガロの結婚):Poor Fool, He Makes Me Laugh>
  11. Why Have You Brought Me Here?/Raoul, I've Been There
  12. All I Ask of You (クリスティン、ラウル)
  13. All I Ask of You (Reprise) (ファントム)
    --- インターミッション ---
  14. アントラクト
  15. Masquerade/Why So Silent...? (全出演者)
  16. Notes.../Twisted Every Way
  17. Wishing You Were Somehow Here Again (クリスティン)
  18. Wandering Child (クリスティン、ファントム)
    <劇中劇:ドン・ファンの勝利(ドン・ジョヴァンニ)>
  19. The Point of No Return (ファントム、クリスティン)
  20. Down Once More.../Track Down This Murderer
※劇中劇の()内はモデルとされたと考えられるオペラ作品

脚注[編集]

  1. ^ The Phantom of the Opera: The most commercially successful stage musical ever”. Really Useful Licensing. 2012年4月26日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]