オブローモフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

オブローモフ』(Обломов,Oblomov)は、ロシアの作家イワン・ゴンチャロフの代表作。1849年から1859年にかけて発表された。貴族階級に属する主人公オブローモフの生涯を描いた長編小説。当時、実際に存在した典型的な貴族の世界を写実的に表現した。その写実性の文学的価値のみならず、貴族階級の無為、頽廃の性格が読者の評判を呼び、さらには、ニコライ・ドブロリューボフによる批評『オブローモフ主義とは何か?』を招いた。なお、オブローモフという名辞が、無用者、余計者を指し示す表現になった。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 『オブローモフ』
山内封介訳 新潮社、1917年
相馬泰三訳 春陽堂、1925年 
米川正夫訳 岩波文庫、1948年 
木村彰一灰谷慶三訳 世界文学全集 講談社、1983年