オニノヤガラ属

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オニノヤガラ属
Gastrodia elata 2.JPG
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 単子葉植物綱 Liliopsida
: ラン目 Orchidales
: ラン科 Orchidaceae
: オニノヤガラ属 Gastrodia
学名
Gastrodia R. Br.
  • 本文参照

オニノヤガラ属(オニノヤガラぞく、学名:Gastrodia、和名漢字表記:鬼の矢柄属)はラン科の一つ。

特徴[編集]

地生の無葉緑腐生植物光合成を行わず、葉緑素を持たない多年草。地下には太く肥厚する根茎がある。は直立し、鱗片葉を鞘状にまばらにつける。総状花序につき、花被片は合着して筒状になり、先端が3-5裂する。

2013年日本で発見された新種「タケシマヤツシロラン」は光合成を行わないうえ、開花もしないきわめて珍しい種である。光合成も開花もしないラン科植物の発見は、世界で2例目となった[1]

分布[編集]

アフリカ、インド、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、東アジアに約50種あり、日本では10種が知られる。

また、トカラヤツシロラン2002年発見)とタケシマヤツシロラン2013年発見)は、いずれも鹿児島県三島村竹島にのみ生息が確認されている地域性固有種である。

日本の種[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ ランの新種、鹿児島で発見=光合成、開花せず-京大 時事通信2013年11月7日18時43分 配信)