オニゴジュウカラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オニゴジュウカラ
オニゴジュウカラ
オニゴジュウカラ Sitta magna
保全状況評価
VULNERABLE
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 VU.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: スズメ目 Passeriformes
亜目 : スズメ亜目 Oscines
: ゴジュウカラ科 Sittidae
: ゴジュウカラ属 Sitta
: オニゴジュウカラ S. magna
学名
Sitta magna Ramsay, 1876
和名
オニゴジュウカラ
英名
Giant nuthatch

オニゴジュウカラ(鬼五十雀、Sitta magna)は、動物界脊索動物門鳥綱スズメ目ゴジュウカラ科ゴジュウカラ属に分類される鳥。

分布[編集]

中華人民共和国雲南省貴州省南西部)、タイ北西部、ミャンマー東部

形態[編集]

全長19.5cmとゴジュウカラ科最大種。背面は青味がかった灰色、腹面や頭頂、後頸は明灰色の羽毛で覆われる。風切羽基部の腹面には白い斑紋が入る。嘴から眼を通り側頭部にかけて黒い筋模様が入る。頬から喉は白い。

オスは腹面が明灰色の羽毛で覆われるが、過眼線が太く明瞭。メスは腹面の羽毛が褐色味を帯び、過眼線が細く薄い。

生態[編集]

標高1200-3350mにある常緑針葉樹林(主にマツ林)に生息する。

食性は雑食で、昆虫類等を食べる。樹上で採食を行う。

繁殖形態は卵生。樹洞に巣を作り、卵を産む。

人間との関係[編集]

開発による生息地の破壊等により生息数は激減している。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 小原秀雄・浦本昌紀・太田英利・松井正文編著 『レッド・データ・アニマルズ4 インド、インドシナ』、講談社2000年、193頁。

外部リンク[編集]

執筆の途中です この項目「オニゴジュウカラ」は、鳥類に関連した書きかけ項目です。加筆・訂正などをして下さる協力者を求めていますポータル鳥類 - PJ鳥類