オドアルド1世・ファルネーゼ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オドアルド1世
Odoardo I
パルマ公
Odoardo Farnese.jpg
在位 1622年 - 1646年
別号 ピアチェンツァ公
出生 1612年4月28日
死去 1646年9月11日
配偶者 マルゲリータ・デ・メディチ
子女 ラヌッチョ2世
アレッサンドロ
オラツィオ
ピエトロ
王家 ファルネーゼ家
父親 ラヌッチョ1世
母親 マルゲリータ・アルドブランディーニ
テンプレートを表示

オドアルド1世・ファルネーゼOdoardo I Farnese, 1612年4月28日 - 1646年9月11日)は、パルマ及びピアチェンツァ公

ラヌッチョ1世と妃マルゲリータ・アルドブランディーニの一人息子として生まれた。ラヌッチョの庶子で潜在的な競争相手オッターヴィオが幽閉に追い込まれると、オドアルドは叔父オドアルド枢機卿と母マルゲリータ2人の摂政の元で治世を開始した。

1628年に成人を迎え、同年マルゲリータ・デ・メディチ(コジモ2世・デ・メディチの娘)と結婚した。彼の公爵として最初の行動は、1633年フランスと同盟したことだった。北イタリアにおけるスペインの優越を転覆させたいフランスと、領土拡大を企むオドアルド支援の思惑が合致してのものだった。オドアルドは借款としてパルマ軍を改善したが、彼の最初の軍事作戦はまるで効果がなかった。ピアチェンツァはスペイン軍に占領され、パルマ軍はフランチェスコ1世・デステに打ち負かされた。オドアルドはローマ教皇ウルバヌス8世に説得されて、1637年にスペインと和平を結んだ(実際は、スペイン軍は公国を通り抜け田園地帯を荒廃させたが、彼らは都市を包囲しなかった。フランスの援助がない中、教皇に説得されてオドアルドは和平に調印したのである)。

オドアルドはカストロ(ボルセーナ湖の西にあった都市)獲得に野心的だった。教皇領の北部からローマにかけてファルネーゼ家の領土を、バルベリーニ家(ウルバヌス8世の一族)が獲得に動いていた。1641年、バルベリーニ家はオドアルドの破門を求めた。オドアルドは、ヴェネツィアフィレンツェモデナとの同盟を検討すると返答した。彼は7000人の騎兵隊を投じてラツィオ北部を占領したが、カストロを包囲して陥落させることはできなかった。ファルネーゼ艦隊が破壊し、オドアルドがしばしば弱気をさらけ出したとはいえ、1644年に和平が結ばれ、オドアルドはカストロを手にし、破門を解かれた。

1646年、オドアルドは、好んで住んだピアチェンツァで急逝した。

子女[編集]

先代:
ラヌッチョ1世
パルマ公
1622年 - 1646年
次代:
ラヌッチョ2世