オトモビル・ルネ・ボネ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

オトモビル・ルネ・ボネAutomobiles René Bonnet )はかつてフランスに存在した自動車メーカーである。

1962年シャルル・ドゥーチェが去ってDBが解体した後、ルネ・ボネは自動車メーカーオトモビル・ルネ・ボネを立ち上げ、1962年中は従前通りパナールエンジンを搭載した自動車を市販した。

パナールは経営難から1955年シトロエン系列下に入って以来次第に経営方針にシトロエンの影響が強くなっており、レース活動に冷淡なシトロエンの経営方針からパナールのパーツが供給難に陥るのは明らかであった。そこでルネ・ボネは直接参戦はしないもののフランス国内コンストラクターを第二次世界大戦後支援して来たルノーに注目、ちょうどこの年フランス政府は国営企業であったルノーを通じ力のあるコンストラクターへの支援を決定、アルピーヌと並んで支援を受けられることになった[1]

ルノーの支援を受けて1962年のル・マン24時間レースにはルノーエンジンで3台のレーサーを送り込み、パナールエンジンで3台のレーサーを送り込んだシャルル・ドゥーチェSERA-CDと相見え性能指数賞とE850クラス優勝を争ったが、破れた。市販車もエンジンだけゴルディニがチューンしたルノー4気筒OHV1,108cc75hpに換装して、DB時代そのままにカブリオレのル・マンが市販されたが、最高速度165km/hとなった。またルノー・ドーフィン用845cc55hpエンジンを搭載し最高速度158km/hの普及版、ミシルも発売された[1]

1963年に世界初のミッドシップスポーツカー、ルネ・ボネ・ジェットを発売し、レース活動もしたが期待されたような成果は上がらず、1965年にルノーは支援を打ち切り、レース活動をアルピーヌに一本化した[2]

ルネ・ボネ・ジェットのFRP製車体を製造していたジェネラル・ダプリカシオン・プラスティクGenerale d'Application Plastiques )のオーナーであったマルセル・シャサニーがマトラのオーナーでもあった[3]縁から1964年10月に傘下に組み入れマトラ・ボネ、さらに11月マトラ・スポーツとした[4]

脚注[編集]

  1. ^ a b 『世界の自動車-11 シムカ マートラ アルピーヌ その他』p.48。
  2. ^ 『世界の自動車-11 シムカ マートラ アルピーヌ その他』p.49。
  3. ^ 『世界の自動車-11 シムカ マートラ アルピーヌ その他』p.50。
  4. ^ 『世界の自動車-11 シムカ マートラ アルピーヌ その他』p.51。

参考文献[編集]

  • 大川悠『世界の自動車-11 シムカ マートラ アルピーヌ その他』二玄社