オットー・ブルンナー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

オットー・ブルンナー(Otto Brunner、1898年4月21日 - 1982年6月12日)は、オーストリア歴史家。専門は中世史。

人物[編集]

ブルンナーはウィーン近郊のメートリングで生まれたが、早くに父を亡くし、その後は母の実家で育てられた。ウィーン、イーグラウブリュンで教育を受けたのち、第一次世界大戦に従軍。その後、1919年からウィーン大学のオーストリア歴史研究科で、歴史学地理学を学んだ。

1929年にウィーン大学の私講師、1931年には中世史の員外教授になる。オーストリア歴史研究科科長であったハンス・ヒルシュはブルンナーの研究を高く評価しており、その意向もあり、1940年にヒルシュが死去すると研究科科長の座を引き継いだ。1941年から正教授。

第二次世界大戦中のナチスへの関与から、戦後は一時的退職扱いとなっていたが、1954年ハンブルク大学に教授として招聘され、1960年には同大学の総長をも務めた。1967年に定年退官したのちも、『社会経済史四季報』の編集に関わり、また、ヴェルナー・コンツェとラインハルト・コゼレックとともに大事典『歴史の基本概念』を編纂するなど、精力的な研究を続けた[1]

研究[編集]

1939年に公刊され、その後も版を重ねた主著『ラントとヘルシャフト』では、実証的な地域史研究に基づいた新たな中世国制史研究を志し、高い評価を得た[2]。戦後、ブルンナーはその研究の方向性を更に発展させ、中世から18世紀ごろまでの「古きヨーロッパ」における諸現象の内部構造を解明することを試みた。このコンセプトは、コンツェおよびコゼレックとの共編事典『歴史の基本概念』にも影響している[3]

没後、1990年代後半からは、他の歴史家たちと同様、ブルンナーに対してもナチスへの関与が批判され、その概念やモデルへの影響についても議論の対象となっている[4]

その他[編集]

ブルンナーの蔵書は、中央大学図書館が買い取り、全4,222点が収蔵されている [5]

[編集]

  1. ^ cf. 成瀬治「訳者解説」
  2. ^ cf. 成瀬治「訳者解説」, 相沢隆「ブルンナー『ラントとヘルシャフト』」
  3. ^ cf. クーヘンブーフ「イデオロギーの対立からコンセプトの万華鏡へ」388-394
  4. ^ cf. アルガージ「オットー・ブルンナー」
  5. ^ cf. 中央大学図書館貴重書・コレクション一覧(16)”. 中央大学図書館. 2011年11月24日閲覧。

日本語訳のある著作[編集]

  • 『ヨーロッパ:その歴史と精神』、石井紫郎ほか訳、岩波書店、1974年 ISBN 4-00-002362-4
  • 「中世のドイツ諸領国における政治と経済:第19回ドイツ歴史家大会(1937年7月6日、エルフルト)での講演」 、千脇修(訳)、『西洋史論叢』26、2004年、49-64頁 NAID 40006599318
  • 『中世ヨーロッパ社会の内部構造』、山本文彦訳、知泉書館、2013年 ISBN 978-4862851567

参考文献[編集]

  • ガーディ・アルガージ「オットー・ブルンナー:「具体的秩序」と時代の言葉」、ペーター・シェットラー編(木谷勤ほか訳)『ナチズムと歴史家たち』名古屋大学出版会、2001年、125-154頁
  • ルードルフ・クーヘンブーフ(井上周平訳)「イデオロギーの対立からコンセプトの万華鏡へ:ドイツからみた『封建制論』、1950年代から1989年の転換まで」、近藤成一ほか編著『中世:日本と西欧ー多極と分権の時代』吉川弘文館、2009年、384-439頁
  • 相沢隆「ブルンナー『ラントとヘルシャフト』」、樺山紘一『現代歴史学の名著』中公新書、1989年、89-98頁
  • 相澤隆「ブルンナー」、岸本美緒編『歴史学事典(5)歴史家とその作品』弘文堂、1997年、483-484頁
  • 成瀬治「訳者解説」、オットー・ブルンナー(石井紫郎ほか訳)『ヨーロッパ:その歴史と精神』岩波書店、1974年、375-385頁
  • 西川洋一「オットー・ブルンナーの「ラント」論をめぐるいくつかの問題」国家学会雑誌123巻11・12号、992-1042頁、2010年

関連文献[編集]

  • 『中央大学図書館所蔵オットー・ブルンナー文庫目録』中央大学図書館、1986年