オットー・フォン・ビスマルク (1897-1975)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
結婚式でのビスマルク(右端の人物)

オットー・クリスティアン・アルヒバルト・フォン・ビスマルク侯爵Otto Christian Archibald Fürst von Bismarck, 1897年9月25日 - 1975年12月24日)は、ナチス・ドイツ期・西ドイツ期のドイツの政治家、外交官、侯爵(Fürst)。ドイツ帝国の「鉄血宰相」オットー・フォン・ビスマルクの孫の一人。

略歴[編集]

ヘルベルト・フォン・ビスマルク侯爵の長男としてドイツ帝国プロイセン王国シェーンハウゼンSchönhausen)に生まれる。弟にゴットフリート・フォン・ビスマルク=シェーンハウゼン伯爵がいる。

1915年にアビトゥーアに合格した後、キールベルリンの大学で法律を学んでいたが、第一次世界大戦で勉学が中断した。敗戦後のヴァイマル共和国時代にはドイツ外務省勤務の傍ら、国家人民党に参加。1924年1928年には国会議員に選ばれた。ヒトラー内閣成立後の1933年5月に国家社会主義ドイツ労働者党(ナチス党)に入党、ストックホルムロンドンに赴任の後、イタリアのドイツ大使館に1943年まで勤務した。1943年11月から1944年11月にかけてはドイツ外務省イタリア委員会長官を務めた。戦後はドイツキリスト教民主同盟(CDU)のドイツ連邦議会議員を務め、ドイツ連邦共和国功労勲章を叙勲した。1975年にフリードリヒスルーFriedrichsruh)で死去した。