オットー・イェスペルセン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
  1. オットー・イェスペルセン - デンマーク言語学者。
  2. オットー・イェスペルセン Otto Jespersen - ノルウェーコメディアン

以下、1.について記す。


イェンス・オト・ハーイ・イェスパスンJens Otto Harry Jespersen, 1860年7月16日 北部ユランラナス Randers - 1943年4月30日)は、デンマーク言語学者。専門分野は英語の文法

1893年から1925年にかけてコペンハーゲン大学で教授として英語学を教えた。

英語活用を失った結果、中国語のような孤立語へと近づきつつあることを明らかにしたことで知られる。

エスペラントイド語を修めた後、これらへの批判として国際補助語であるノヴィアルを開発した。

著書[編集]

  • 1909-1949: A Modern English Grammar (計7巻。なおタイトルは'A grammar of Modern English'と解釈すべきもの) (ISBN 0064933180)
  • 1938年: En sprogmands levned, Copenhagen, 自伝
  • 1995年: A Linguist's Life: 自伝の英語訳 ... edited by Arne Juul [et al.]. Odense, 1995. (ISBN 8778381320)

関連項目[編集]