オットマール・アンシュッツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

オットマール・アンシュッツOttomar Anschütz1846年5月16日 - 1907年5月30日)は、帝国時代ドイツ写真家1882年[1]、セルフキャッピング式フォーカルプレーンシャッターの特許をドイツで取得し、このシャッターを使用してゲルツはゲルツ・アンシュッツ・クラップ・カメラが製造され[1]、後にアンゴーと改名された。1889年ゾートロープを改良発展させ電気式シュネルゼーアーを考案した。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 『ツァイス・イコン物語』p.56。

参考文献[編集]

  • 竹田正一郎『ツァイス・イコン物語』光人社 ISBN978-4-7698-1455-9