オックスフォード現代英英辞典

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
1963年版

オックスフォード現代英英辞典Oxford Advanced Learner's Dictionary of Current English 通称:O.A.L.D.、またはOALD)はイギリス人の言語学者であるA・S・ホーンビーが中心となり英語を母語としない学習者向けに編集し出版した英英辞典である。

日本英語を教えていたホーンビーは学習用英英辞典の必要性を感じて、1942年に日本の開拓社からIdiomatic and Syntactic English Dictionary (通称:ISED)して出版したのが初め。その後、オックスフォード大学出版局版権が移りA Learner's Dictionary of Current Englishとして1948年に初版を発行した。その後Oxford Advanced Learner's Dictionaryに改題して、日本では現在旺文社が版権を所有していて日本市場向けの装丁で販売している。

この辞書の特徴は名詞の可算、不可算を示すU,C表示や動詞の活用法を具体的に書き表すことによって、学習者に分かりやすい配慮をした点にある。これらの特徴はその後登場した多くの英和辞典および学習用英英辞典に強い影響を与えた。

改訂版の歴史[編集]

Oxford Advanced Learner's Dictionary of Current English, 1974

関連項目[編集]