オックスフォードの恋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オックスフォードの恋
American Friends
監督 トリストラム・パウエル
脚本 トリストラム・パウエル
マイケル・ペイリン
出演者 マイケル・ペイリン
撮影 フィリップ・ボナム=カーター
公開 イギリスの旗 1991年3月22日
日本の旗 1994年2月
上映時間 95分
製作国 イギリスの旗 イギリス
言語 英語
テンプレートを表示

オックスフォードの恋』(American Friends)は、1991年イギリス映画である。

概要[編集]

モンティ・パイソン出身のマイケル・ペリンが自身の曾祖父のエドワード・パリンの手記を元に映画化した恋愛ドラマである。マイケルは通常の駄目男キャラではなく、17歳の一人の少女の愛に答える真面目な大学教授の役を演じている。内容的に初のシリアス映画である。 共演にはヒロインにトリニ・アルバラード、その母親にはかつての共演仲間だったコニー・ブースが扮している。

ストーリー[編集]

1864年大学教授のアシュビーはアルプスの旅行先でアメリカから来たという母娘に出会い、特に若く行動的な少女エレノアに惹かれる。だが学長選びに忙しく互いに疎遠になっていく事からエレノアはライバルの教授サイムと過ちを犯してしまう・・・。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]