オダライア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オダライア
生息年代: Middle Cambrian
Odaraia alata.jpg

Odaraia.jpg

分類
: 動物界 Animalia
: 節足動物門 Arthropoda
亜門 : 甲殻亜門 Crustacea
: 軟甲綱 Malacostraca?
: カナダスピス目 Canadaspidida
: オダライア科 Odaraiidae
Simonetta & Delle Cave, 1975
: オダライア Odaraia
Walcott, 1912

Odaraia alata
Walcott, 1912

オダライア (Odaraia) は、カンブリア紀中期に生息した甲殻類の一つ。全長は15cmほど[1]で、バージェス頁岩澄江から発見されている[2]。特にGreater Phyllopod Bedからは217個体の Odaraia alata が発見されており、これは産出化石の0.41%を構成している[3]

形態[編集]

体の前方には1対の大きな眼があり[1]、その間には2個の小眼があった可能性がある[4]。体は管状で、45対を超える二肢型付属肢がある。尾には水平方向に1対、垂直方向に1基、合計3基の鰭があり、腹を上にして泳ぐ際に姿勢を安定させたと考えられている[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c D. E. G. Briggs (1981). “The arthropod Odaraia alata Walcott, Middle Cambrian, Burgess Shale, British Columbia”. Philosophical Transactions of the Royal Society B: Biological Sciences 291 (1056): 541–582. Bibcode 1981RSPTB.291..541B. doi:10.1098/rstb.1981.0007. JSTOR 2395403. 
  2. ^ Odaraia in the Paleobiology Database英語版
  3. ^ Jean-Bernard Caron & Donald A. Jackson (2006). “Taphonomy of the Greater Phyllopod Bed community, Burgess Shale”. PALAIOS 21 (5): 451–465. doi:10.2110/palo.2003.P05-070R. 
  4. ^ Graham E. Budd (2008). “Head structure in upper stem-group euarthropods”. Palaeontology 51 (3): 561–573. doi:10.1111/j.1475-4983.2008.00752.x. 

参考文献[編集]

外部リンク[編集]