オズワルド・フェルナンデス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オズワルド・フェルナンデス
Osvaldo Fernandez
基本情報
国籍 ドミニカ共和国の旗 ドミニカ共和国に亡命)
出身地 キューバの旗 オルギン州オルギン
生年月日 1968年11月4日(45歳)
身長
体重
6' 2" =約188 cm
190 lb =約86.2 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1996年 ドラフト外
初出場 1996年4月5日 マーリンズ戦 
最終出場 2001年8月8日 ジャイアンツ戦 
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム キューバの旗 キューバ
五輪 1992年
オリンピック
男子 野球
1992 野球

オズワルド・フェルナンデス・ロドリゲス(Osvaldo Fernández Rodríguez , 1968年11月4日 - )はキューバ出身の元プロ野球選手投手)。右投げ右打ち。

来歴・人物[編集]

優れた制球と投球術からグレッグ・マダックスと比較される事もあった。1987-1988シーズンから国内リーグ"セリエ・ナシオナル・デ・ベイスボル"のオルギンに所属。1992年11月29日ノーヒットノーランを達成した。1993-1994シーズンに105.1イニングを投げて11勝・防御率1.62で最多勝最優秀防御率のタイトルを獲得。またキューバ代表としては金メダルを獲得した1990年と1994年のワールドカップ、1992年のバルセロナオリンピック、1993年のインターコンチネンタルカップで活躍する等の実績をあげた。1995年7月29日のアメリカ合衆国テネシー州ミリントンでの野球大会にキューバ代表チームとして出場した際に亡命した。

1996年1月16日にサンフランシスコ・ジャイアンツと3年総額320万ドルのメジャー契約を結んだ。鉄矢多美子は著書で、入団と同時に2歳しっかりサバ読みされていたと書いている。本人からも翌1997年スプリングトレーニングで会った時に「31歳になる」と聞いたという[1]

スプリングトレーニングでは防御率9.45と全く結果を残せなかったものの、4月5日のメジャー公式戦デビュー戦で8イニングを投げ、5奪三振2与四球1失点で勝利投手となる。1996年は最終的には171.2イニングを投げるが、防御率4.61で7勝13敗と負け越す。翌1997年6月25日に打者としてスイングした時に右肘に激しい痛みを生じ、故障者リスト入りをしてしまう。1998年3月20日のスプリングトレーニング登板で再び右肘を痛めて5月にトミー・ジョン手術を受ける。1999年ジャイアンツ傘下のAdv-A級サンノゼで4試合リリーフ投手として投げる。

2000年2月15日シンシナティ・レッズと契約。しかし2001年シーズン終了後に放出される。2002年はマイナー契約を結び、ジャイアンツ傘下のAAA級フレズノエクスポズ傘下のAAA級オタワに所属。

2003年2005年の2シーズンをメキシカンリーグでプレーした後に引退した。

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1996 SFG 30 28 2 0 0 7 13 0 0 .350 760 171.2 193 20 57 4 10 106 6 2 95 88 4.61 1.46
1997 11 11 0 0 0 3 4 0 0 .429 256 56.1 74 9 15 2 0 31 2 1 39 31 4.95 1.58
2000 CIN 15 14 1 0 0 4 3 0 0 .571 327 79.2 69 6 31 2 2 36 1 1 33 32 3.62 1.26
2001 20 14 0 0 0 5 6 0 0 .455 366 79.1 103 8 33 3 0 35 0 0 62 61 6.92 1.71
MLB:4年 76 67 3 0 0 19 26 0 0 .422 1709 387.0 439 43 136 11 12 208 9 4 229 212 4.93 1.49

キューバ国内リーグ(選抜リーグ含む)通算投手成績(8シーズン)[編集]

82勝62敗 防御率3.30 与四球率2.76 奪三振率6.54 被本塁打率0.78 WHIP1.27
223試合 133先発 1160.2イニング 356与四球敬遠30) 61与死球 844奪三振 101被本塁打 


脚注[編集]

外部リンク[編集]