オズモンド・フィシャー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オズモンド・フィシャー
人物情報
生誕 1817年11月17日
イギリスの旗 イギリス ドーセット州
死没 1914年7月12日(満96歳没)
学問
研究分野 地質学地球物理学
テンプレートを表示

オズモンド・フィシャー(Osmond Fisher、1817年11月17日 - 1914年7月12日)はイギリス地質学者地球物理学者である。

ドーセット州 Osmington で生まれた。ノーフォーク州地形学地層学、ドーセット州の無脊椎動物化石の研究を行った。

1881年に『地球の地殻の物理学』(Physics of the Earth’s Crust) を著し、地球の内部の溶体対流によってプレート・テクトニクスのメカニズムを説明した。アレクサンダー・フォン・フンボルト以来の大陸移動説の歴史で重要な説であったが、アルフレート・ヴェーゲナーがあらわれるまで無視されていた。

またが地球から分離してできたという説を主張し、太平洋は月が分離した痕であるとしたが、月と太平洋の海底地殻の化学成分は異なり、また海底の地殻の年齢が月の年齢よりも若いことから否定されている。

受賞歴[編集]

関連項目[編集]