オスヴァルト・シュペングラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オスヴァルト・シュペングラー

オスヴァルト・アルノルト・ゴットフリート・シュペングラー: Oswald Arnold Gottfried Spengler1880年5月29日 - 1936年5月8日)はドイツの文化哲学者歴史学者

アメリカ合衆国ロシアソ連)といった非ヨーロッパ勢力の台頭を受けて書かれた主著『西洋の没落』(Der Untergang des Abendlandes) は、直線的な考え方である当時のヨーロッパ中心史観・文明観を痛烈に批判したもので、その影響は哲学歴史学文化学芸術など多方面に及んだ。

生涯[編集]

ザクセン=アンハルト州ブランケンブルクの生まれ。父親は鉱山技師であり、中流家庭の出身であった。保守的な考えの家庭で育ち、シュペングラーの思想にも影響を与えた。幼少期にハレに移住し、ハレ大学ミュンヘン大学ベルリン大学の各大学に学び、哲学・歴史学・美術・音楽・数学などを学び、1904年に「ヘラクレイトス─彼の哲学のエネルギー論の根本思想に関する研究」(Heraklit, Eine Studie über den energetischen Grundgedanken seiner Philosophie) で学位取得。

学位取得後、デュッセルドルフハンブルクなどの高等学校で教鞭をとるも、1911年には教職を辞して以降は、著述と思索のなかで生活をする。後年は、「プロイセン的社会主義」を展開し、保守革命と呼ばれる思想の一角を形成する。1936年にミュンヘンにて心臓病のため死去。55歳であった。

著書(邦訳書)[編集]

  • 村松正俊訳「西洋の没落―世界史の形態学の素描〈第1巻〉形態と現実と」(五月書房、2007)
  • 村松正俊訳「西洋の没落―世界史の形態学の素描〈第2巻〉世界史的展望」(五月書房、2007)
  • 駒井義昭尾崎恭一訳「人間と技術-生の哲学のために-」(富士思想叢書、1986)

参考文献[編集]

  • 西部邁「文明という名の死 - オズヴァルト・シュペングラー」『思想の英雄たち 保守の源流をたずねて』所収、角川春樹事務所〈ハルキ文庫〉、2012年、135-150頁、ISBN 978-4-7584-3629-8

関連項目[編集]

外部リンク[編集]