オスベーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

オスベーンアラビア語: عصبان‎)はリビアで伝統的に食べられているソーセージ。羊の腸に米やハーブ、玉ねぎを混ぜたものを詰め込むほか、羊の肉、肝臓、心臓などのミンチを詰め込む[1]。オスベーンは特別な日に主食である米やクスクスと共によく出される料理である。

幾つかの種類のオスベーンが存在している。スパイスにはカイエンペッパー黒胡椒ターメリックシナモンハーブにはドライミントパセリイノンドなど様々なものが利用されている。春玉ねぎトマトサラダ油などとこれらのスパイスやハーブを加えて混ぜたものを、羊の腸や代用となるソーセージの皮に詰め込む。終端は糸を使って縛られる。一時間深鍋などで料理され、その後フライパンオーブンで焼き上げられる。[2]


出典[編集]

  1. ^ 地球の歩き方リビア 2008-2009年版』 ダイヤモンド社2008年
  2. ^ Obsan in Libyan Food Blog