オスナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Osuna

{{{市旗説明}}}   {{{市章説明}}}

Toits de Osuna Espagne.JPG
Flag of Andalucía.svg アンダルシーア州
Flag of Diputacion de Sevilla Spain.svg セビリア県
面積 592.49 km²
標高 282m
人口 17,973 人 (2012年)[1]
人口密度 30.33 人/km²
Osunaの位置
Osuna
スペイン内のオスーナの位置
Osunaの位置
Osuna
セビリア県内のオスーナの位置

北緯37度14分00秒 西経5度06分00秒 / 北緯37.23333度 西経5.10000度 / 37.23333; -5.10000
オスーナ公式サイト

オスナOsuna)は、スペインアンダルシア州セビリア県の都市。オスーナとも呼ばれる。

地勢[編集]

オスナの面積は田園地帯を多く含み、ローム質の平地となっている。シエラ・スル山脈で産地となり、オリーブ栽培が行われている。市内にはサラド川とペイナード川が流れる。

年間平均気温は17.7℃で、冬は短く春秋は温暖である。

歴史[編集]

オスナには3000年ほど前から人が定住しており、後にウルソ(Urso)と呼ばれるようになった。紀元前44年から43年、マルクス・アントニウスはウルソにローマ植民都市の地位と、ゲネティウァ・ユリア(Genetiva Iulia)の正式名を与えた(一部の碑文に記載されている)。不完全ではあったが、植民都市の基本法を持っていた。大プリニウスは、植民都市をゲネティウァ・ウルバノルム・ウルソ(Genetiva Urbanorum Urso、NH, III.12)と書き残している。

イスラム支配時代、町はオソナ(Oxona)と呼ばれた。1239年、カスティーリャフェルナンド3世によって征服された。1264年、オスナはカラトラバ騎士団に与えられ、オスナのエンコミエンダ(委託地)となった。オスナはグラナダ王国に近いために、カスティーリャ=グラナダの軍事要衝地となった。15世紀、カラトラバの騎士たちはオスナをペドロ・テリェス・デ・ヒロンに与えた。ヒロンの子孫は、フェリペ2世によってオスナ公位を授けられた。

人口[編集]

オスーナの人口推移 1900-2010
出典:INE(スペイン国立統計局)1900年 - 1991年[2]、1996年 - [3] 

史跡[編集]

オスナ大学
  • オスナ大学(es:Universidad de Osuna) - オスナ領主ペドロ・デ・ヒロンの命によりできた神学校が前身。1548年創立。広範囲な育英事業が行われたが、1824年に閉鎖された。

脚注[編集]