オスティエンセ街道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

オスティエンセ街道(Via Ostiensis、イタリア語: via Ostiense)は古代ローマの重要なローマ街道の1つ。ローマから西に30kmの重要な海港 Ostia Antica(オスティア)までの街道である。フォルム・ボアリウムの近くを起点とし、アヴェンティーノテヴェレ川の間を抜け、テヴェレ側左岸(東側)を進み、セルウィウス城壁トリゲミナ門を通って、ローマを離れる。後にアウレリアヌス城壁ができると、サン・パオロ門を通って市内から出て行くようになった。ローマ帝国後期には経済危機によって貿易が衰退し、同時に商港としてのオスティアも衰退した。

コンスタンティヌス1世の時代以降 Via Portuensis の重要性が増し、逆にオスティエンセ街道はさびれていった。オスティエンセ街道とほぼ同じ経路の道が今もローマとオスティアを結んでおり、マーレ通り (Via del Mare) とも呼ばれている。この道のそばにサン・パオロ・フオーリ・レ・ムーラ大聖堂バシリカがある。

ローマ橋[編集]

この街道沿いには、Ponte presso Tor di Valle というローマ橋が残っている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]