オスターアイシュテット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
紋章 地図
(郡の位置)
Wappen Ostereistedt.svg Locator map ROW in Germany.svg
基本情報
連邦州: ニーダーザクセン州
郡: ローテンブルク(ヴュンメ)郡
緯度経度: 北緯53度18分
東経09度10分
標高: 海抜 29 m
面積: 28.5 km²
人口:

919人(2012年12月31日現在) [1]

人口密度: 32 人/km²
郵便番号: 27404
市外局番: 04285
ナンバープレート: ROW
自治体コード: 03 3 57 036
行政庁舎の住所: Bahnhofstraße 8
27446 Selsingen
ウェブサイト: www.selsingen.de
首長: ウルリーケ・リンゲン (Ulrike Ringen)
郡内の位置
Ostereistedt in ROW.svg

オスターアイシュテット (Ostereistedt) は、ドイツ連邦共和国ニーダーザクセン州ローテンブルク(ヴュンメ)郡に属す町村(以下、本項では便宜上「町」と記述する)で、ザムトゲマインデ・ゼルジンゲンを構成する町村の一つである。

地理[編集]

この町の面積は28.5km2で、農業主体の町である。

歴史[編集]

この町は1974年の市町村再編によりそれまで独立した町村であったオスターアイシュテットとロックシュテットがオスターアイシュテットとして合併した。この町はザムトゲマインデ・ゼルジンゲンに属す。

ロックシュテット (Rockstedt) という名前は様々に解釈されている。一説には「ワタリガラスの村」あるいは「ヴォータンカラスの村」を意味するという(ワタリガラス (Kolkrabe) の古語は Rood)。また、ライ麦の村(ライ麦 = Roggen)あるいは果実の村という説もある[2] 。ロックシュテットは1153年に初めて記録されているが、この時にはRocstedeと記述されている。

オスターアイシュテットの名前の由来は明らかでないが、おそらく「オークの土地」 (Eichenstätte) が語源ではないかと推測されている[3]。だがアイケ (Eike) またはエッケハルト (Eckehard)という入植者に由来する説もある[2]。この町はエルベ川水系とヴェーザー川水系との分水界に位置している。町の北部の降水は堀や小川を通ってハンメ川やヴェーザー川に流れ込む。南部の降水はオステ川を経由してエルベ川に流れる。

人口推移[編集]

  • 1996年: 966人
  • 1999年: 976人
  • 2004年: 971人

(各年の12月31日時点の人口である)

行政[編集]

議会[編集]

この町の議会は11議席からなる。

紋章[編集]

金地に、緑の斜め波帯で二分割。上側には黒いカラス。向かって右下は、それぞれ1つずつドングリをつけた3枚のオークの葉が王冠状に組み合わされて配置されている。

文化と見所[編集]

ブランデンブルク州ヒンメルプフォルト(フュルステンベルク/ハーフェル)のクリスマス郵便局と同様の試みとしてオスターアイシュテットには「オスターハーゼンツェントラーレ」(復活祭のウサギセンター)がある。子供たちは「ハンニ・ハーゼ(ウサギのハンニちゃん)」に手紙やEメールを送ることができる。このプログラムは毎年復活祭の日曜日に開催される[2] [4]。復活祭のウサギは、子供たちにイースター・エッグ(ドイツ語では Osterei オスターアイ)を運んでくるとされる。

建築[編集]

  • エッケス・フス — 「エッケス・フス」はローテンブルク(ヴュンメ)郡で唯一現存するオーブン小屋である。この建物は1564年に建設された。

引用[編集]

外部リンク[編集]