オコンネル橋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

座標: 北緯53度 西経6度

オコンネル橋
Droichead Uí Chonaill
上流からのオコンネル橋の眺め
上流からのオコンネル橋の眺め
別名 カーライル橋
交差 リフィー川
所在地 ダブリン
設計 ジェームズ・ガンドン
材質 花崗岩、ポートランド石
全長 ~45m
~50m
支間数 3
着工日 1791年 (再建1877年)
完成日 1794年 (再建1882年)

オコンネル橋 (アイルランド語: Droichead Uí Chonaill) は、ダブリンリフィー川に架かる道路橋であり、オコンネル・ストリート英語版ドリア・ストリート英語版ウェストモアランド・ストリート英語版及びサウス埠頭を結んでいる。

南側から北側への眺め、バックに尖塔英語版が写る

歴史[編集]

最初の橋(アイルランド総督 - フレデリック・ハワード (カーライル5代伯爵)英語版に因みカーライル橋と名付けられた)は、ジェームズ・ガンドン英語版によって設計され、1791年から1794年にかけて建設された[1]

もともと瘤があり[1]、狭かった「カーライル橋」は対照的で、3つの対称なアーチが花崗岩で組み立てられ、ポーランド石の手すり子オベリスクが4つの角に付いていた[2]。中央スパン先端の要石は、リフィー川を象徴し、他のアイルランドの川英語版を象徴するカスタム・ハウス英語版(設計はジェームズ・ガンドン英語版)に似ている。

1860年以来、街頭の景観を改善し、橋の上の交通渋滞をなくすため、橋の北側に接続するサックヴィル・ストリート(現在のオコンネル・ストリート)と同じ幅70m (230ft) に、カーライル橋を拡張することが意図された(エセックス橋、現在のグラタン橋英語版と似た工事)[2]。1877年から1880年にかけて、橋は改修され[3]、スパンはリフィー川の現在の45m、幅約50mとなった。オコンネル橋は、長さに比べて幅が広く、ヨーロッパで独特な交通橋と言われている[要出典]

橋が再び開通した1882年頃、橋はダニエル・オコンネル英語版に因んで改名され、彼の名誉ある銅像がつくられた。

近年、中央分離帯を飾っていたランプは、5つのランタンに戻された。2004年、いたずらでファザー・パット・ノイズ英語版に捧げられた橋に飾り版をつけた。これは2006年5月まで気づかれず[4]、2013年4月時点でまだそこにある。

備考[編集]

出典[編集]

外部リンク[編集]