オクナ科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オクナ科
Ochna serrulata1.jpg
Ochna serrulata
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 eudicots
階級なし : バラ類 rosids
階級なし : 真正バラ類I eurosids I
: キントラノオ目 Malpighiales
: オクナ科 Ochnaceae
学名
Ochnaceae DC.1811
タイプ属
Ochna L. [1]
シノニム

Quiinaceae Choisy ex Engl.

本文参照

オクナ科(Ochnaceae)は双子葉植物の科で、世界の熱帯に分布する常緑木本(一部は草本)、約53属600種を含む。日本には自生しない。一部は観賞用に栽培され、アフリカ原産のOchna serrulata は、がくのついた実の形がミッキーマウスを思わせるので「ミッキーマウスの木」と通称される。

クロンキスト体系ではツバキ目に入れていたが、APG植物分類体系ではキントラノオ目としている。

主な属[編集]

  • Adenarake
  • Blastemanthus
  • Brackenridgea
  • Camptouratea
  • Campylospermum
  • Cespedesia
  • Discladium
  • Elvasia
  • Euthemis
  • Fleurydora
  • Froesia
  • Godoya
  • Gomphia
  • Hilairella
  • Idertia
  • Indosinia
  • Krukoviella
  • Lacunaria
  • Lavradia
  • Lophira
  • Luxemburgia
  • Monelasmum
  • Ochna
  • Ouratea
  • Periblepharis
  • Perissocarpa
  • Philacra
  • Poecilandra
  • Polyouratea
  • Quiina
  • Rhabdophyllum
  • Rhytidanthera
  • Sauvagesia
  • Schuurmansiella
  • Testulea
  • Touroulia
  • Trichouratea
  • Tyleria
  • Wallacea

脚注[編集]

  1. ^ Quiinaceae