オクサナ・チュソビチナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オクサナ・チュソビチナ Gymnastics (artistic) pictogram.svg
Oksana Chusovitina (vault) 04-2011.JPG
選手情報
フルネーム ロシア語: Оксана Александровна Чусовитина
国籍 ドイツの旗 ドイツ
旧国籍 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
EUNの旗 EUN
ウズベキスタンの旗 ウズベキスタン
生年月日 1975年6月19日(39歳)
生誕地 ソ連:ウズベキスタンブハラ
居住地 ドイツの旗 ドイツケルン
種目 女子体操競技
代表 1990年 -
技名 跳馬:前転とび 前方屈身宙返り1回ひねり
跳馬:前転とび 前方伸身宙返り1回半ひねり
ゆか:後方伸身2回宙返り1回ひねり
テンプレートを表示

オクサナ・アレクサンドロブナ・チュソビチナ(Oksana Aleksandrovna Chusovitina、1975年6月19日 - )は、ウズベキスタン出身の女子体操競技選手。

略歴[編集]

7歳で体操を始める。1990年にソビエト連邦のナショナルチーム入りし、1991年世界体操競技選手権インディアナポリス)で金メダルを獲得。ソ連崩壊を経て、独立国家共同体(EUN)として出場したバルセロナ五輪でも団体金メダルを獲得した。

当時17歳だったチュソビチナは、バルセロナ五輪後も祖国:ウズベキスタン現役を続行。しかし、同国の経済状況は芳しくなく、1994年アジア競技大会では有力選手以外の派遣を中止したため、団体総合に出場できないといった苦難もあった。

1997年に同郷のレスリング選手:バホディル・クルバノフと結婚。翌年にアキレス腱を断裂し、選手生命の危機に直面するが、リハビリ中の1999年に長男:アリーシャが誕生した。

しかし、2002年にアリーシャが白血病を発病し、ドイツで治療を受ける。夫妻は国際的な実績があったため政府から年金が支給されていたが、治療費には足らず、チュソビチナも跳馬に出場を絞って競技生活を続け、スポンサーを探した。2003年世界体操競技選手権(アナハイム)では金メダルを獲得する。しかし翌2004年のアテネ五輪では、予選の一本目で転倒し、予選敗退と言う不本意な結果に終わった。

2006年にドイツに帰化。同年10月の世界選手権では、直前に国籍変更が認められ、11年ぶりに団体総合にも出場。2008年、自身五度目、ドイツ代表として初のオリンピックとなった北京五輪では、個人総合で9位と健闘。そして跳馬では銀メダルを獲得した。

2009年に再びアキレス腱断裂。さらに肩を痛めたため、しばらく大会から遠ざかるが、2010年世界体操競技選手権ロッテルダム)に出場した。同年のアジア大会では、母国ウズベキスタンのコーチとして参加。翌年の世界選手権東京)で再び跳馬の銀メダルを手にした。

2012年ロンドンオリンピックで女子体操選手として初めて6度目の五輪に出場した。跳馬種目別で5位に入賞した。

2013年4月より朝日生命体操クラブの選手兼コーチとして定期的に来日しており、9月の全日本社会人選手権に同クラブ所属として出場した[1][2][3]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]