オキナグサ属

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オキナグサ属
Pulsatilla cernua 4.JPG
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: キンポウゲ目 Ranunculales
: キンポウゲ科 Ranunculaceae
: オキナグサ属 Pulsatilla
学名
Pulsatilla Mill.
  • 本文参照

オキナグサ属(オキナグサぞく、学名:Pulsatilla 、和名漢字表記:翁草属)はキンポウゲ科の一つ。

特徴[編集]

多年草で、直立または斜上する太い根茎がある。根茎から根出葉を束生させ、根出葉は、羽状複葉、掌状複葉または3出状の複葉になる。根出葉の腋から花茎を立て、茎につくは3枚が輪生する。若い時の葉は、しばしば長い白毛で被われる。

花茎の先に1個のをつける。花弁状の萼片は5-12枚あり、外面に長い白毛が生える。花弁は無く、雄蕊が棍棒状に変形した仮雄蕊がを分泌する。雄蕊、雌蕊も多数ある。果実痩果で、花後に花柱の長い白毛がさらに伸長し、羽毛状になる。

北半球の暖帯以北に広く分布し、約45種が知られる。日本では2種が分布する。

[編集]

日本の種[編集]

外国の種[編集]

  • モウコオキナグサ Pulsatilla ambigua
  • Pulsatilla alpina
  • Pulsatilla bungeana
  • ヒロハオキナグサ Pulsatilla chinensis
  • ベニバナオキナグサ Pulsatilla dahurica
  • Pulsatilla grandis
  • Pulsatilla halleri
  • ヒトツバオキナグサ Pulsatilla integrifolia
  • チョウセンオキナグサ Pulsatilla koreana
  • Pulsatílla kostyczewii
  • Pulsatilla montana
  • Pulsatilla nigricans
  • ミヤマオキナグサ Pulsatilla nivalis
  • Pulsatilla patens
  • Pulsatilla pratensis
  • カラフトオキナグサ Pulsatilla sachalinensis
  • Pulsatilla subslavica
  • カタオカソウ Pulsatilla taraoi
  • カシポオキナグサ Pulsatilla tatewakii
  • ホソバオキナグサ Pulsatilla turczaninovii
  • Pulsatilla vernalis
  • Pulsatilla vulgaris

参考文献[編集]