オオワライタケ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オオワライタケ
Gymnopilus junonius
Gymnopilus spectabilis.jpg
分類
: 菌界 Fungi
: 担子菌門 Basidiomycota
: 真正担子菌綱 Hymenomycetes
: ハラタケ目 Agaricales
: フウセンタケ科 Cortinariaceae
: チャツムタケ属 Gymnopilus
: オオワライタケ G. junonius
学名
Gymnopilus junonius (Fr.) P.D.Orton
シノニム

Agaricus spectabilis
Gymnopilus spectabilis
Gymnopilus spectabilis var. junonius
Agaricus junonius
Pholiota grandis
Pholiota junonia
Pholiota spectabilis var. junonia

和名
オオワライタケ (大笑茸)
英名
laughing gym

オオワライタケ(大笑茸、Gymnopilus junonius)はハラタケ目フウセンタケ科チャツムタケ属毒キノコ。従来の学名G. spectabilisだったが、現在はシノニムとなっている。

概要[編集]

の径は5-15cm、柄は5-15cm、太さは6-30mmほどで、傘は半球形ないしはまんじゅう形から平らに開き、黄金色ないしは黄色褐色、褐色系黄色であり、ひだは黄色から後に錆色となる。肉は淡黄色で繊維質。の上部にはつばがある。秋にシイコナラなどの枯れ木に密生するように生える。 

似た名前のキノコにワライタケがあるが、分類学的に近縁なわけではない。

日本のみならず全世界に広く自生する。傘径5-15cm、柄の長さ5-15cm。8~11月、広葉樹、まれに針葉樹に発生。木の生死は関係ない。やや稀に傘径20cm以上の巨大な物が発見されることがあり、ニュースなどで取り上げられることもある。

全体的に黄色みがかった褐色でおいしそうに見えるが、は汗臭いような不快な臭気を持ち、味は強烈に苦い。食用のコガネタケ(Phaeolepiota aurea)と間違えられる事があるが、コガネタケは苦くなく、地上に生えることから区別できる。

同属にはチャツムタケG.liquiritiae)、ミドリスギタケG. aeruginosus)などがあり、オオワライタケ同様に苦みを持つ。

中毒[編集]

中毒症状は日本で初めて確認され、今関六也により海外に紹介された[1]。ヨーロッパのものからはシロシビンが検出されるが、日本のものからは検出されず、苦味物質の前駆体としてポリイソプレンポリオール体、及び苦味成分としてポリオールエステル体が検出されている[2]。ポリオールエステル体の元となる複数のカルボン酸成分には学名にちなんでジムノピリンGymnopilin )と命名され、これが成分だと考えられていた[3]。しかし、鳥取大学農学部附属菌類きのこ遺伝資源研究センターの研究では、培養したオオワライタケから抽出したジムノピリンは平滑筋弛緩作用がある[4]もののラット脳神経細胞は活性化させず、一方メタノールで抽出した成分はラットの脳神経細胞を活性化させることが判明した。このメタノール抽出成分からはグルタミン酸などの脳細胞活性化物質、心筋の機能不全に関係する未知の物質が発見されている[5]

食べると幻覚作用があり、神経が異常に刺激され非常に苦しいというが、致命的ではない。食後5分から10分ほどでめまい寒気悪寒、ふるえなどの神経症状が出現し、多量に摂取すると幻覚幻聴、異常な興奮、狂騒などの症状が出る。また顔面神経刺激され、が引きつって笑っているように見えるという。欠片を一かじりして吐き出しただけでが腫れる事があるという。水にさらし、苦味を抜いて食べる地域もあるが、安易に真似するべきではない。

ギャラリー[編集]

オオワライタケ幼菌(丹後半島) 
オオワライタケ(丹後半島) 

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 今関六也、1974.カラー日本のキノコ(山溪カラーガイド64).山と溪谷社、東京. ISBN 9-784-63502-664-2
  2. ^ オオワライタケの成分研究東北大学機関リポジトリ
  3. ^ 田中正泰、針ヶ谷弘子、鎌田樹志、氏原一哉、橋本勝、橋本貴美子、松田冬彦、柳屋光俊、白濱晴久、奥野智旦 15 おおわらいたけの神経興奮性成分:ジムノピリンについて(口頭発表の部)、天然有機化合物討論会講演要旨集 (34), 110-117, 1992年9月10日
  4. ^ 毒きのこの利活用のための新イノベーション推進事業の展開、鳥取大学農学部、2013年
  5. ^ 毒きのこの子実体生産と化合物ライブラリの商品化、鳥取大学農学部附属菌類きのこ遺伝資源研究センター、2011年

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]