オオミツバチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オオミツバチ
Apis dorsata
Apis dorsata
インドハイデラバード、2009年8月29日)
分類
: 動物界 Animalia
: 節足動物門 Arthropoda
: 昆虫綱 Insecta
: ハチ目(膜翅目) Hymenoptera
亜目 : ハチ亜目(細腰亜目) Apocrita
上科 : ミツバチ上科 Apoidea
: ミツバチ科 Apidae
亜科 : ミツバチ亜科 Apinae
: ミツバチ族 Apini
: ミツバチ属 Apis
: オオミツバチ A. dorsata
学名
Apis dorsata
Fabricius1793
和名
オオミツバチ(大蜜蜂)
英名
giant honeybee
亜種
生息図
生息図

オオミツバチ(大蜜蜂、学名: Apis dorsata)とは、ハチ目(膜翅目)ミツバチ科ミツバチ属に属する昆虫

特徴[編集]

おなかの先が黒く、白と黄の縞模様になっている。

分布[編集]

主に東南アジアに分布する。日本国内には分布しない。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]