オオバノボタン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オオバノボタン
Starr Miconia calvescens0.jpg
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: フトモモ目 Myrtales
: ノボタン科 Melastomataceae
: オオバノボタン属 Miconia
: オオバノボタン M. calvescens
学名
Miconia calvescens
DC.
英名
velvet tree

オオバノボタン学名Miconia calvescens)は、フトモモ目ノボタン科に分類される常緑低木の一種。

分布[編集]

メキシコ南アメリカを原産地とする[1][2]ハワイ諸島ポリネシアなどの熱帯地域に外来種として定着している[1]

特徴[編集]

常緑低木で、高さ15mほどまで生長する。和名のとおり葉は巨大で葉脈が目立ち、対生する。小さな白い花をたくさん咲かせる。

自然林、植林地、市街地、川岸、沿岸、湿地などさまざまな環境に生育する。

外来種問題[編集]

観葉植物として世界各地に導入され栽培されたが、野生化し問題となっている。とくに熱帯雨林では、希少な植物の生育を脅かすほどの群落を形成する[1]

こうした悪影響が問題視され、本種は国際自然保護連合によって世界の侵略的外来種ワースト100に選定されている。駆除も実施されており、引き抜きや薬剤が用いられている[1]

日本には定着していないものの、外来生物法によって要注意外来生物に指定されている。

参考文献[編集]

  1. ^ a b c d 多紀保彦(監修) 財団法人自然環境研究センター(編著) 『決定版 日本の外来生物』 平凡社2008年4月21日ISBN 978-4-582-54241-7
  2. ^ Miconia calvescens”. Germplasm Resources Information Network. United States Department of Agriculture (1997年12月10日). 2012年9月28日閲覧。