オオヅル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オオヅル
オオヅル
オオヅル Grus antigone
保全状況評価
VULNERABLE
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 VU.svgワシントン条約附属書II類
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: ツル目 Gruiformes
: ツル科 Gruidae
: ツル属 Grus
: オオヅル G. antigone
学名
Grus antigone (Linnaeus, 1758)
和名
オオヅル
英名
Sarus crane
Grus antigone

オオヅルGrus antigone)は、動物界脊索動物門鳥綱ツル目ツル科ツル属に分類される鳥類。 

分布[編集]

  • G. a. antigone シロエリオオヅル

インド北部、パキスタン東部[1]

  • G. a. sharpei ヒガシオオヅル

インド北東部、カンボジアベトナムミャンマーラオス[1]

  • G. a. gilliae オーストラリアオオヅル

オーストラリア北部

  • G. a. luzonica ルソンオオヅル(絶滅)

フィリピンマレーシア[1]

形態[編集]

全長140-156cmとツル科最大種。[1]全身は淡灰色の羽毛で被われる。[1]頭頂や眼先は灰緑色、喉から後頸にかけて首輪状に黒い羽毛で被われる。[1]耳孔を被う羽毛(耳羽)は灰色。初列雨覆や初列風切の色彩は黒い。[1]次列風切や三列風切の色彩は灰色で、三列風切の先端は白い。[1]

頭部から頸部上部にかけて羽毛がなく、赤い皮膚が露出する。[1][2]虹彩は黄色やオレンジがかった黄色。[1]嘴の色彩は緑褐色。[1]後肢の色彩は赤い。[1]

  • G. a. sharpei

頸部は首輪状に白い羽毛で被われる。[1]

分類[編集]

  • Grus antigone antigone (Linnaeus, 1758)
  • Grus antigone sharpei (Blanford, 1895)
  • Grus antigone gilliae (Schodde, 1988)
  • Grus antigone luzonica (Hachisuka, 1941)

生態[編集]

草原湿原河川、農耕地に生息する。[1]渡りは行わないが、水を求めて移動することもある。[1]ペアや家族群を形成して生活する。[2]

食性は動物食傾向の強い雑食で、昆虫魚類カエル、爬虫類、果実、種子などを食べる。[1][2]

湿原でヨシなどを積み上げた塚状の巣を雌雄で作り、インドでは7-10月に2個の卵を産む。[1][2]雌雄交代で抱卵し[2]、抱卵期間は31-36日。[1]

保全状態評価[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r 黒田長久、森岡弘之監修 『世界の動物 分類と飼育10-II (ツル目)』、東京動物園協会、1989年、33、158頁。
  2. ^ a b c d e 『小学館の図鑑NEO 動物』、小学館2002年、135頁。

外部リンク[編集]


執筆の途中です この項目「オオヅル」は、鳥類に関連した書きかけ項目です。加筆・訂正などをして下さる協力者を求めていますポータル鳥類 - PJ鳥類