オオタカネバラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オオタカネバラ
Rosa acicularis 1.JPG
福島県会津地方 2010年6月
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
亜綱 : バラ亜綱 Rosidae
: バラ目 Rosales
: バラ科 Rosaceae
亜科 : バラ亜科 Rosoideae
: バラ属 Rosa
: オオタカネバラ R. acicularis
学名
Rosa acicularis Lindl.
シノニム
和名
オオタカネバラ(大高嶺薔薇)

オオタカネバラ(大高嶺薔薇、学名:Rosa acicularis)は、バラ科バラ属落葉低木。別名、オオタカネイバラ

特徴[編集]

樹高は1-1.5mになり、はよく分枝する。枝には帯白色の針が多生する。托葉は幅広く、耳片の先端は尖る。は奇数羽状複葉で、5-7個の小葉からなる。小葉は、長さ約6.5cm、幅約3.5cmと大きく、小柄をもち、長楕円形から楕円形になる。頂小葉の先端は鋭頭、側小葉はやや鈍頭になり、縁にはややあらい鋸歯があり、葉の羽軸に腺と小刺がある。

花期は6-7月。小枝の先端に1(-2)個のをつける。小花柄は長さ約3cmあり、細い刺が疎生する。花の径は4-5cmで、紅紫色の5弁花になる。果実は長さ2cmの倒卵状狭紡錘形になり、黄赤色に熟す。

分布と生育環境[編集]

日本では、北海道、本州中北部の日本海側に分布し、高山帯、亜高山帯や冷気が吹き出す風穴地に生育する。アジアでは、樺太、朝鮮北部、中国東北部、シベリア、カムチャツカに分布する。

ギャラリー[編集]

果実 2010年9月 

参考文献[編集]