オオサンショウウオ科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オオサンショウウオ科
ヘルベンダー
ヘルベンダー Cryptobranchus alleganiensis
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 両生綱 Amphibia
: 有尾目 Urodela
亜目 : サンショウウオ上科
Cryptobranchoidea
: オオサンショウウオ科
Cryptobranchidae
属、種

オオサンショウウオ科(オオサンショウウオか、Cryptobranchidae)は、両生綱有尾目に属する科。模式属ヘルベンダー属

分布[編集]

アメリカ合衆国東部、中華人民共和国東部、日本本州西部、九州北東部)

形態[編集]

最大種はタイリクオオサンショウウオで最大全長152cm。最小種はヘルベンダーで全長31-74cm。体形は扁平。尾はやや短く先端は側偏して鰭状になり、泳ぐのに適している。

眼は小型で、瞼はない。体側面の皮膚が襞状に伸長し、表面積を増やすことで皮膚呼吸に適していると考えられている。肺を持つ。四肢や指趾は短く頑丈で、前肢の指が4本、後肢の趾は5本。

分類[編集]

オオサンショウウオ属 Andrias

ヘルベンダー属 Cryptobranchus

生態[編集]

流れの速い河川などに生息する。完全水生。岩や倒木の下を巣穴にする。危険を感じると匂いの強い粘着質を皮膚から分泌して身を守る。

食性は動物食で、魚類甲殻類貝類ミミズなどを食べる。

繁殖形態は卵生。岩や倒木の下などに数珠状の卵を産む。

人間との関係[編集]

オオサンショウウオ属の構成種は食用とされることもあった。

オオサンショウウオ属はワシントン条約附属書I類に掲載され、商業目的の国際的な流通は禁止されている。ヘルベンダーのみペットとして飼育されることもあり、日本にも輸入されている。

なお、この類の化石はヨーロッパからも発見されており、18世紀に発見されたものは、ノアの洪水で死んだヒトの化石と判断された。しかしシーボルトが日本から持ち帰ったオオサンショウウオの研究により、これが巨大な両生類であることをキュビエが見いだした。ちなみにカレル・チャペックのSF小説である『山椒魚戦争』に登場するサンショウウオはこの子孫であるということになっている。

画像[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 千石正一監修 長坂拓也編著 『爬虫類・両生類800種図鑑 第3版』、ピーシーズ、2002年、230、295頁。
  • 山崎利貞 『爬虫・両生類ビジュアルガイド イモリ・サンショウウオの仲間 有尾類・無足類』、誠文堂新光社2005年、22-23頁。
  • 『小学館の図鑑NEO 両生類・はちゅう類』、小学館2004年、20頁。