オオサイチョウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オオサイチョウ
Buceros bicornis -Koln Zoo-8a.jpg
保全状況評価
NEAR THREATENED
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 NT.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: ブッポウソウ目 Coraciiformes
: サイチョウ科 Bucerotidae
: サイチョウ属 Buceros
: オオサイチョウ
B. bicornis
学名
Buceros bicornis
Linnaeus, 1758
英名
Great Hornbill

オオサイチョウ大犀鳥学名Buceros bicornis)は、ブッポウソウ目サイチョウ科サイチョウ属に分類される鳥類の一種。東南アジアに生息しており、地元の民族はオオサイチョウの嘴や羽を装飾品として使用することがある。

形態[編集]

全長90~125cm程度、羽を広げると152cmにもなる大型の鳥。同属のサイチョウよりは少々小柄であるが、体重ではオオサイチョウの方が勝る。大きな嘴の上に、黄色と黒で彩られたカブト状の突起を持つ。羽の色は、首周りが薄い黄色である他はほとんど黒色である。体色は雌雄同色だが、オスは虹彩が赤く、メスは虹彩が青い。

生態[編集]

主に果実を餌とするが、小型の哺乳類や昆虫類などを捕食することもある。

大木の洞に巣をつくる。他のサイチョウ同様、メスの巣篭もりの際にはオスが巣の入り口を糞便などで塗り固め、子育てを行うメスが危険にさらされないように閉じ込める。その際巣の入り口には小さな隙間を開けておき、オスがメスに餌を運ぶ。卵が孵化するにはおよそ40日かかる。

人間とのかかわり[編集]

ニシ族の民族衣装

東南アジアの幾つかの民族では、鎮魂に効果があるとしてオオサイチョウの雛の血を使用したり、オオサイチョウの羽や嘴を、婚前の祝いの衣装に使用することがある。そのためオオサイチョウが捕獲されることを危惧する保護団体は、剥製の羽などを地元民に提供するよう試みている。

また、ウィリアムと名づけられたオオサイチョウが、ボンベイ自然史協会のシンボルとなっている。

Sibley分類体系上の位置[編集]

シブリー・アールキスト鳥類分類

関連項目[編集]

執筆の途中です この項目「オオサイチョウ」は、鳥類に関連した書きかけ項目です。加筆・訂正などをして下さる協力者を求めていますポータル鳥類 - PJ鳥類