オオガラパゴスフィンチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オオガラパゴスフィンチ
オオガラパゴスフィンチ
オオガラパゴスフィンチ Geospiza magnirostris
保全状況評価
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: スズメ目 Passeriformes
: フウキンチョウ科 Thraupidae
: ガラパゴスフィンチ属 Geospiza
: オオガラパゴスフィンチ
G. magnirostris
学名
Geospiza magnirostris
(Gould, 1837)
和名
オオガラパゴスフィンチ
英名
Large Ground Finch

オオガラパゴスフィンチ (Geospiza magnirostris) は鳥類の一種であり、それまでホオジロ科とされたが、現在、フウキンチョウ科に分類されるダーウィンフィンチ類に属する。

分布[編集]

ガラパゴス諸島固有種であり、南東の島(フロレアナ島、エスパニョラ島サン・クリストバル島、サンタ・フェ島)を除く、諸島のほとんどの乾燥地帯に生息する。

形態[編集]

全長16cm[1]、体重35g[2]。オオガラパゴスフィンチは、ダーウィンフィンチ類において、全長およびくちばしの大きさともに最大の種である。上嘴の基部は額より隆起し[1]、大きなくちばしをもつ頭や下顎により、大きく硬い種子を常食とすることを可能にしている。成鳥の雄は全身黒色で、下尾筒にのみ白斑がある[1]。雌および若鳥は上面褐色で、下面には縞がある[2]

ダーウィン島で採集された標本において大きなくちばしにばらつきが見られたことで、オオサボテンフィンチとの交雑が示唆された。[2]

画:John Gould (1832-1836年作)

生態[編集]

海岸や移行帯を好み[2]、普通単独で見られる[1]

木や地面で採餌し、種子、葉、自生の実やベリー、ムユヨ (Cordia lutea) の花蜜、クロトン(Croton) の花、アオムシなどを食べる。[2]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ a b c d Andy Swash and Rob Still, Birds, Mammals and Reptiles of the Galápagos Islands, 2nd Edition, Christopher Helm, 2005, p. 102. ISBN 978-0-7136-7551-1
  2. ^ a b c d e Isabel Castro and Antonia Phillips, A Guide to The Birds of the Galápagos Islands, Prinston University Press, 1996, P. 126. ISBN 0-691-01225-3