オオカンガルー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オオカンガルー
オオカンガルー
オオカンガルー Macropus gigantues
保全状況評価
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
: 二門歯目 Diprotodontia
: カンガルー科 Macropodidae
: カンガルー属 Macropus
: オオカンガルー M. giganteus
学名
Macropus gigantues Shaw, 1790
和名
オオカンガルー
英名
Eastern grey kangaroo

オオカンガルーMacropus giganteus)は、動物界脊索動物門哺乳綱二門歯目カンガルー科カンガルー属に分類される有袋類。カンガルー属の模式種。別名ハイイロカンガルー

分布[編集]

  • M. g. giganteus

オーストラリアクイーンズランド州ニューサウスウェールズ州ビクトリア州固有亜種

  • M. g. tasmaniensis

オーストラリア(タスマニア州東部)固有亜種

形態[編集]

上野動物園のオオカンガルー (動画)

体長オス54-120cm、メス51-101cm。尾長オス43-110cm、メス44-84cm。体重オス4-66kg。メス3.5-32kg。メスよりもオスの方が大型になる。カンガルー属内でも大型で、種小名gigantuesは「巨大な」の意で和名とほぼ同義。全身は灰色の柔らかい体毛で被われる。尾の先端は黒い体毛で被われる。

吻端は体毛で覆われ、吻端の体毛が無く皮膚が露出した部分(鼻鏡)は小型。

分類[編集]

  • Macropus giganteus giganteus Shaw, 1790
  • Macropus giganteus tasmaniensis Le Souef, 1923  Forester Kangaroo

生態[編集]

草原や半砂漠地帯、荒地、森林に生息する。薄明薄暮性で、昼間は木陰などで休む。跳躍力は強く、時速64kmで走行することができる。約10頭の小規模な群れを形成し生活するが、最大で約100頭の群れを形成することもある。オス同士では尾でバランスを取り前肢で引っ掻いたり後肢で蹴りを繰り出すボクシングのような闘争を行う。

食性は植物食で、主にイネ科を食べる。

繁殖形態は胎生。周年繁殖するが、主に夏季に繁殖する。妊娠期間は30-40日。1回に1頭の幼獣を産む。新生児は1gほどの未熟な状態で、自力で育児胆まで辿り着きその中で発育する。生後約44週間は育児胆の中で生活し、約1年半で独立する。

人間との関係[編集]

オーストラリアでは食用とされることもあるほか、肉は海外にも輸出されている[1]

開発により生息地および生息数が増加傾向にある。これにより家畜との競合が問題になり、駆除されることもある。夜に車のライト目掛け向かってくることがあり、交通事故により命を落とすこともある。大型動物のため車が負う被害も大きいことから、交通事故の際に車体を保護するバンパーもある。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 今泉吉典、松井孝爾監修 『原色ワイド図鑑3 動物』、学習研究社1984年、12、187-188頁。
  • 今泉吉典監修 D.W.マクドナルド編 『動物大百科6 有袋類ほか』、平凡社1986年、103、138-139、141、143、145-147頁。
  • 『小学館の図鑑NEO 動物』、小学館2002年、30頁。
  1. ^ Department of the Environment, Water, Heritage and the Arts. “2009 Commercial kangaroo and wallaby harvest quotas”. 2009年4月21日閲覧。

Cath Jones & Steve Parish、Field Guide to Australian Mammals、Steve Panish Publishing、2004

外部リンク[編集]