オオカミウオ科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オオカミウオ科
Seewolf-2.jpg
ウルフフィッシュ Anarhichas lupus
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 条鰭綱 Actinopterygii
亜綱 : 新鰭亜綱 Neopterygii
上目 : 棘鰭上目 Acanthopterygii
: スズキ目 Perciformes
亜目 : ゲンゲ亜目 Zoarcoidei
: オオカミウオ科 Anarhichadidae
英名
Wolffishes
下位分類
本文参照

オオカミウオ科学名Anarhichadidae)は、スズキ目ゲンゲ亜目に所属する魚類の分類群の一つ。2属からなり、オオカミウオなど寒冷な海に生息する底生魚のみ5種が含まれる[1]

分布・生態[編集]

オオカミウオ科の魚類はすべて海水魚で、北部太平洋あるいは北部大西洋の冷たい海に分布する[1]。沿岸の浅い海から、やや深みにかけての海底で生活する底生魚の一群である。所属する5種のうち3種は大西洋産で、北アメリカヨーロッパにおいて重要な水産資源となっている[2]。残る2種のうち、オオカミウオ Anarhichas orientalis のみが日本の近海にも生息する[2]

肉食性で、貝類ウニ頭足類を主に捕食する。は雄あるいは雌によって保護される[2]

形態[編集]

ウルフフィッシュ(Anarhichas lupus)。本科魚類は発達した頭部と、先細りの細長い尾部が特徴である

オオカミウオ科の仲間は左右にやや平たく側扁した、細長い体型をもつ。の前方には円錐状の鋭い犬歯を、後方には大きな臼歯を備え、貝類など硬い獲物を噛み砕くことが可能になっている[1]。よく発達した頭部に比べ尾部は貧弱で、先細りの体をしていることが多い[2]

Anarrhichthys 属に含まれる唯一のであるウルフイール(A. ocellatus)はウナギのように著しく細長く成長し、最大で2.5mに達するなど、オオカミウオ属との形態学的差異が大きい[1][3]

背鰭の基底は長く、柔軟な棘条のみで構成され、軟条を欠く[1]。棘条はオオカミウオ属では69-88本、Anarrhichthys 属では218-250本[3]。大きな胸鰭をもつ一方で腹鰭はなく、支持骨格のみが残存する[1]。臀鰭は42-55本(オオカミウオ属)あるいは180-233本(Anarrhichthys 属)の軟条からなり、後者では1本の棘条をもつ場合がある[3]。尾鰭は小さく、オオカミウオ属では背鰭・臀鰭と連続しない。椎骨は通常72-89個で、Anarrhichthys 属のみ250個を超える[1]

はないか、ごく微小な円鱗をもつのみ[1]側線の発達は悪く、浮き袋はもたない[3]。両側の鰓膜は峡部で互いに接触する[1]

分類[編集]

ウルフイール(Anarrhichthys ocellatus)。非常に細長い体型が特徴の種で、アラスカからカリフォルニアにかけての沿岸に分布する[1]

オオカミウオ科には2属5種が記載される[1]

出典・脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k 『Fishes of the World Fourth Edition』 p.399
  2. ^ a b c d 『日本の海水魚』 pp.546-547
  3. ^ a b c d Anarhichadidae”. FishBase. 2010年4月17日閲覧。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]