オオイタサンショウウオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オオイタサンショウウオ
オオイタサンショウウオ
保全状況評価[a 1]
ENDANGERED
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 EN.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 両生綱 Amphibia
: 有尾目 Urodela
上科 : サンショウウオ上科
Cryptobranchoidea
: サンショウウオ科 Hynobiidae
: サンショウウオ属 Hynobius
: オオイタサンショウウオ
H. dunni
学名
Hynobius dunni Tago, 1931
和名
オオイタサンショウウオ
英名
Oita salamander

オオイタサンショウウオHynobius dunni)は、両生綱有尾目サンショウウオ科サンショウウオ属に分類される有尾類。

分布[編集]

日本大分県熊本県宮崎県の一部、高知県の一部)[1][2]固有種[a 2]

模式標本の産地(模式産地)は佐伯市城山(大分県)[a 3]

形態[編集]

オス15.7センチメートル、メス13.7センチメートル[2][a 2]。体側面に入る皺(肋条)は左右に11-13本ずつ[2][a 2]。背面の色彩は黄褐色で、黒い斑点が入る[2][a 2]

上顎中央部に並ぶ歯の列(鋤骨歯列)はアルファベットの「U」字に近い「V」字状[2][a 2]。四肢や指趾は長く[1][2]、胴体に沿って前肢(および指)を後方へ後肢(および趾)を前方に伸ばすと接する[a 2]。趾は5本[a 2]

卵嚢の表面には明瞭な筋が入らない[2][a 2]

生態[編集]

丘陵にある二次林や竹林、水田などに生息する[a 2]

食性は動物食で、昆虫クモミミズなどを食べる[a 2]。幼生は昆虫、甲殻類、カエルの幼生などを食べ、共食いもする[a 2]

繁殖形態は卵生。12-翌3月に森林の周囲にあるや小河川、側溝などに87-143個の卵を1対の卵嚢に包んで産む[2][a 2]。卵は3月以降に孵化する[2]。6-9月に変態し幼体になる[2][a 2]。飼育下では生後3年で性成熟した例がある[a 2]

人間との関係[編集]

開発による生息地の破壊、汚水や農薬による水質汚染などにより生息数は減少している[2][a 2]。大分県では「佐伯城山のオオイタサンショウウオ」、大分市では「オオイタサンショウウオ及び生息地」を天然記念物に指定している[a 3]

絶滅危惧II類(VU)環境省レッドリスト[a 2]

Status jenv VU.png

関連項目[編集]

参考文献[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 池田純 「オオイタサンショウウオ」『爬虫類・両生類800種図鑑 第3版』千石正一監修 長坂拓也編著、ピーシーズ、2002年、290頁。
  2. ^ a b c d e f g h i j k 松井正文 「オオイタサンショウウオ」『動物世界遺産 レッド・データ・アニマルズ1 ユーラシア、北アメリカ』小原秀雄・浦本昌紀・太田英利・松井正文編著、講談社2000年、230頁。

外部リンク[編集]