オウボウシインコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オウボウシインコ
オウボウシインコ
オウボウシインコ Amazona guildingii
保全状況評価
VULNERABLE

(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 VU.svgワシントン条約附属書I

分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: オウム目 Psittaciformes
: インコ科 Psittacidae
亜科 : インコ亜科 Psittacinae
: ボウシインコ属 Amazona
: オウボウシインコ A. guildingii
学名
Amazona guildingii (Vigors, 1837)
和名
オウボウシインコ
英名
Guilding's amazon
St. Vincent amazon
St. Vincent parrot

オウボウシインコAmazona guildingii)は、動物界脊索動物門鳥綱オウム目インコ科ボウシインコ属に分類される鳥類。

分布[編集]

セントビンセント・グレナディーンセントビンセント島固有種[1][2]

形態[編集]

全長40-40.5cm。[1][2]頭部は白から頬や喉へ向かうにつれオレンジがかった黄色、後頸は羽毛の外縁(羽縁)が暗色の青灰色の羽毛で被われる。[1]体上面は暗褐色や暗緑色の羽毛で被われる。[1]尾羽基部の色彩はオレンジ色で先端に向かうにつれ濃青色になり、先端は黄色。[1][2]翼にはオレンジがかった黄色の筋模様が1-2本入る。[1]初列風切先端は暗青色、次列風切先端は緑色。[1]

虹彩はオレンジ色。[1]嘴の色彩は灰白色。[1]後肢の色彩は灰色。[1]

生態[編集]

標高125-1,000mにある大木がある多雨林に生息する。[1][2]昼間は活動しないが、雨天時には活動する。[1]ペアか20-30羽からなる群れを形成し生活する[1][2]

食性は植物食で、果実種子、芽などを食べる。[1][2]

繁殖形態は卵生。4-5月(乾燥した年は1-7月)に高木の樹洞に、1回に2個(まれに3個)の卵を産む。[1][2]飼育下での抱卵期間は24日[1]育雛期間は67-69日[1]

人間との関係[編集]

セントビンセント・グレナディーンの国鳥に指定されている。[2]

林業や農業、燃料用の伐採による生息地の破壊、ペット用の乱獲などにより生息数は激減した。[1][2]さらにスフリエール山の噴火やハリケーンによっても生息数が減少した。[1][2]セントビンセント・グレナディーンでは法的に保護の対象とされ、生息地の一部は保護区に指定されている。[1][2]また狩猟を行わないよう啓発活動が進められている[2]が、密猟されることもある。[1]生息数は増加傾向にある。[1][2]1970年初期における生息数は1,000羽以下、1982年における生息数は369-473羽、1988年における生息数は440-550羽、1994年における生息数は800羽と推定されている。[1]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w 小原秀雄・浦本昌紀・太田英利・松井正文編著 『動物世界遺産 レッド・データ・アニマルズ3 中央・南アメリカ』、講談社2001年、75、197-198頁。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m 『絶滅危惧動物百科1 アイアイ―ウサギ(アラゲウサギ)』 財団法人自然環境研究センター監訳、朝倉書店2008年、74-75頁。

外部リンク[編集]

執筆の途中です この項目「オウボウシインコ」は、鳥類に関連した書きかけ項目です。加筆・訂正などをして下さる協力者を求めていますポータル鳥類 - PJ鳥類