オイラーの等式

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
指数関数 ez(1 + z/N)NN が無限に大きくなるときの極限として定義でき、eiπ(1 + iπ/N)N の極限である。このアニメーションでは、N の値を 1 から 100 まで増加させている。複素数平面において 1 + iπ/N累乗を点で表示しており、折れ線の端点が (1 + iπ/N)N である。これにより、N の増加に伴って (1 + iπ/N)N が −1 に近付く様子が観察される。

  数学記事シリーズ
数学定数 e

Euler's formula.svg

自然対数 · 指数関数

応用: 複利オイラーの等式 · オイラーの公式 · 半減期 · 指数増加/減衰

e の定義: e の無理性 · e の表現 · リンデマン=ワイエルシュトラスの定理

人物 ネイピア · オイラー

シャヌエルの予想 (en)

オイラーの等式(オイラーのとうしき、: Euler's identity)とは、解析学における等式

e^{i\pi} +1=0

であり、その名はレオンハルト・オイラーに因む。ここに、

e : ネイピア数、すなわち自然対数
i : 虚数単位、すなわち自乗すると −1 となる複素数
π : 円周率、すなわちの周の直径に対する比率

である。

等式の要素[編集]

オイラーの等式は、その数学的な美によって特筆すべきものと多くの人に認識されている。加法乗法指数関数という3つの基本的な算術演算が一度に出現する。また、この等式は次の5つの基本的な数学定数を含む。

幾何学、解析学、代数学の分野でそれぞれ独立に定義された定数が簡潔な形で1つの式に現れるのは非常に興味深いことである。

人々による評価[編集]

数学誌のThe Mathematical Intelligencer [1]の読者調査によると、この等式は「数学における最も美しい定理」 (The most beautiful theorem in mathematics) に選出されている[2]。また、2004年に実施された Physics World 誌での読者調査ではマクスウェルの方程式と並び、「史上最も偉大な等式」(Greatest equation ever) に選出されている[3]

ポール・ネイヒンニューハンプシャー大学 (en) 名誉教授)の著書「オイラー博士の偉大な式」(Dr. Euler's Fabulous Formula) [2006] では、この等式のために400ページも充てている。本著書ではこの等式を「数学的な美の絶対的基準」(The gold standard for mathematical beauty) としている[4]

コンスタンス・レイド (en) は、オイラーの等式を「全ての数学分野において最も有名な式」(The most famous formula in all mathematics) であると主張した[5]

カール・フリードリッヒ・ガウスは「この式を見せられた学生がすぐにその意味を理解できなければ、その学生は第一級の数学者には決してなれない」(If this formula was not immediately apparent to a student on being told it, the student would never be a first-class mathematician.) と指摘している[6]

この等式がベンジャミン・パース (19世紀の数学者ハーバード大学教授) の講義で紹介されたあと、「全く逆説的なことだ、我々はそれを理解できないし、それがどんな意義を持っているかも分からない。だが我々はそれを証明したし、それゆえにそれが間違いのない真実であると知っている」(It is absolutely paradoxical; we cannot understand it, and we don't know what it means, but we have proved it, and therefore we know it must be the truth.) と付け加えた[7]

スタンフォード大学の数学の教授、キース・デブリン (en) は「愛の本質そのものをとらえるシェークスピアソネットのように、あるいは、単なる表面でなくはるかに深い内面から人間の形の美しさを引き出す絵画のように、オイラーの等式は存在の遥かな深遠にまで到達している」(Like a Shakespearean sonnet that captures the very essence of love, or a painting that brings out the beauty of the human form that is far more than just skin deep, Euler's equation reaches down into the very depths of existence.) と記している[8]

導出[編集]

一般の角度に対するオイラーの公式

この等式は複素関数論における、任意の実数 \varphi に対して成り立つオイラーの公式

e^{i\varphi} = \cos \varphi + i \sin \varphi \,

の特別な場合である。ここで三角関数 sin と cos の引数 \varphi弧度法(ラジアン)である。両辺に \varphi = \pi を代入すると、

\cos \pi = -1\,
\sin \pi = 0\,

より

e^{i \pi} = -1\,

ゆえに

e^{i \pi} +1 = 0\,

を得る。

一般化[編集]

オイラーの等式は、1の冪根に関する次の等式の特別な場合と見なせる。

\sum_{k=0}^{n-1} e^{2 \pi i k/n} = 0

この一般的な式は、2 以上の任意の整数 n に対して成り立ち、1 の n 乗根全ての和は 0 であることを意味している。n = 2 とするとオイラーの等式を得る。

歴史[編集]

オイラーの等式は1748年に出版された彼の解析学の記念碑的研究 Introductio in analysin infinitorum英語版 に現れるということが主張されてきた[9]。しかしながら、特にこの概念がオイラーに帰属できるものであるかどうかは、彼がそれを決して表示しなかったから、疑わしい[10]。(さらに、オイラーは確かに Introductio に今日「オイラーの公式」と呼ばれるもの、これは複素数の世界で eコサインサインの言葉に結び付けるもの、について書いたが[11]、イギリスの数学者ロジャー・コーツもこの公式について知っており、オイラーは彼のスイスの同胞ヨハン・ベルヌーイを通じてその知識を得ていたかもしれない[10]。)

オイラーの等式が登場する文学作品[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ http://www.springer.com/math/journal/283
  2. ^ Nahin, 2006, p.2–3 (poll published in summer 1990 issue).
  3. ^ Crease, 2004.
  4. ^ Cited in Crease, 2007.
  5. ^ Reid.
  6. ^ Derbyshire p.210.
  7. ^ Maor p.160 and Kasner & Newman p.103–104.
  8. ^ Nahin, 2006, p.1.
  9. ^ Conway and Guy, pp. 254–255.
  10. ^ a b Sandifer, p. 4.
  11. ^ Euler, p. 147.
  12. ^ http://www.hakase-movie.com/

参考文献[編集]