オイゲン・エールリッヒ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

オイゲン・エールリッヒ(Eugen Ehrlich、1862年9月14日 - 1922年5月2日)は、オーストリア法学者ウィーン大学にて法学を修め、郷里のチェルノヴィッツの大学でローマ法を講じた。

「法の発展の重心は社会にある」というテーゼに基づくその法研究により、マックス・ウェーバーと並ぶ法社会学の創始者となる。主著は『法社会学の基礎理論』(1913年)等。

経歴[編集]

人物[編集]

参考文献[編集]