エーロ・ヤルネフェルト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エーロ・ヤルネフェルトの自画像

エーロ・エリク・ニコライ・ヤルネフェルトフィンランド語: Eero Erik Nikolai Järnefelt1863年11月8日 - 1937年11月15日)は、フィンランドの写実主義の画家。

帝政ロシア統治下にあったカレリアの都市ヴィープリ(現ヴィボルグ)に生まれた。父はロシア帝国陸軍将校のアウグスト・アレクサンドル・ヤルネフェルト、母は(子供たちの活躍によって)「フィンランドの芸術文化の母」と呼ばれるエリサベト・ヤルネフェルトである。妹アイノは1892年に作曲家ジャン・シベリウスと結婚した。他にカスパル、アルヴィド、エレン、アルマス、ヒリャ、シグリドの兄弟姉妹がいた。

1883年から1885年にかけて、アルベルト・エーデルフェルトも学んだサンクトペテルブルク芸術アカデミーに通った。1886年にパリへ留学し、アクセリ・ガッレン=カッレラ、エミール・ウィクストレーム、ルイ・シュパラーらと親しくなった。そこでヤルネフェルトはフランスの画家、ジュール・バスティアン=ルパージュの戸外主義と自然画に惹かれた。1889年に旅行先のケウルーで女優のサイミ・スワンと出会い、翌年結婚した。

代表作の「賃金奴隷」(1893年)は、焼畑農業の様子を描いたものである。

ヤルネフェルトはとりわけ現在のコリ国立公園の風景に惹かれた。1911年にはA・W・フィンチやイルマリ・アールトと共に、コリの雄大な風景を描いている。描いた風景画はヘルシンキ駅のレストランで目にすることができる。

外部リンク[編集]