エーレンシュタイン錯視

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

エーレンシュタイン錯視(Ehrenstein illusion)とは、錯視の一つで、ドイツの心理学者ウォルター・エーレンシュタインにより発表された。同心円の内側にある正方形の辺が、主観的に歪んで見える(その1)。

"エーレンシュタイン"の名前は、他の主観的輪郭図形(2)に用いられることもある。線分の端点により、主観的な円が見える。主観的図形の色は背景と同じであるが、明るく見える。同様の効果は、カニッツァの三角形でも見られる。

ちなみに、これらの錯視(特にその3)は漫画における効果線として多用されている。

外部リンク[編集]