エール・カレドニー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エール・カレドニー
Air Calédonie
IATA
TY
ICAO
TPC
コールサイン
Aircal
設立 1954年
ハブ空港 マジャンタ空港
準ハブ リフー・ワナアム空港
マイレージサービス
保有機材数 6
就航地 10
親会社 ニューカレドニア政府 50.28%
ロワイヨテ諸島プロヴァンス政府 43.31%
エールフランス 2.09%
本拠地 フランスの旗 フランス ヌーヴェル・カレドニー準県 98845 ヌーメアジェルヴォリーノ街100番地 - BP 212 マジャンタ空港
代表者 最高経営責任者 ウィリアム・イハーゲ
取締役会長 ニドワシュ・ネスリーヌ
外部リンク air-caledonie.nc

エール・カレドニーフランス語: Air Calédonie)は、フランス航空会社である。ニューカレドニアに設立された南太平洋のフランス領における国内航空である。略称・通称はAircalである。

略歴[編集]

ニューカレドニアでの航空の歴史は始まったのは、1954年12月9日のことである。エルベール・クルサン、アンリ・マルティネ、ルイ・エシャンブランネール(2006年3月-6月、同社副最高経営責任者)[1]の3人が、同日、同社の前身、トランスパック社を設立した。同社の目的は、ニューカレドニア本土であるグランドテールにある首都ヌーメアと、少々離れたイル・デ・パンロワイヨテ諸島を結ぶ定期航空便を提供することであった。2人の企業家トム・ジョンストンとウォルター・ヒクソンが彼らを支えた。

同社設立の翌年、1955年9月28日、初飛行が行われた。そのときの航路は、ヌーメア - マレ島 - リフー島 - ヌーメアであった。同フライトに使用した機材は、デ・ハビランド・エアクラフト社製のデ・ハビランド DH.89 ドラゴン・ラピードで、同機は、元戦闘機パイロットによってイギリスから輸送された。

1968年、同社は現在の「エール・カレドニー」となり、同社の持ち株比率は、ニューカレドニア政府が50.28%、ロワイヨテ諸島プロヴァンス政府が43.31%、個人株主が4.32%、エールフランスが2.09%となり、現在に至る。

乗り入れ都市[編集]

イル・デ・パンムエ空港での同社の旧機種ATR 42-320。

エール・カレドニーは、ヌーメアの国内空港マジャンタ空港を起点に、下記の乗り入れ先へと定期便を運行している。

運航機材[編集]

[編集]

外部リンク[編集]