エールリヒア症

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

エールリヒア症(: ehrlichiosis)とは、白血球に感染し破壊する感染症

アナプラズマ科の属するエールリヒア属アナプラズマ属偏性細胞内寄生細菌を原因とする。ヒトに感染症を引き起こすものとして5種が知られている。

後2者による感染症はあまり研究されていない。近年、新たに発見されたPanoloa Mountain Ehrlichiaによるヒトの感染症が報告されている[2]

エールリヒア症はイヌにも影響する。

脚注[編集]

  1. ^ Dumler JS, Madigan JE, Pusterla N, Bakken JS. Ehrlichioses in humans: epidemiology, clinical presentation, diagnosis, and treatment. Clin Infect Dis. 2007; 45 Suppl 1:S45-51. Pubmed ID =17582569
  2. ^ Reeves WK, Loftis AD, Nicholson WL, Czarkowski AG (2008). “The first report of human illness associated with the Panola Mountain Ehrlichia species: a case report”. Journal of medical case reports 2: 139. doi:10.1186/1752-1947-2-139. PMC 2396651. PMID 18447934. http://www.jmedicalcasereports.com/content/2//139.