エールフランス8969便ハイジャック事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Air France Flight 8969.png

エールフランス8969便ハイジャック事件(エールフランス8969びんハイジャックじけん)は、1994年12月24日エールフランス旅客機が、武装イスラム集団(GIA)によってハイジャックされた事件。武装イスラム集団は、この事件をアメリカ同時多発テロ事件の先立つ大規模テロ作戦と捉えていたとされ、特殊部隊によるテロリスト犯鎮圧としては稀に見る成功例となった。

事件の概要[編集]

ハイジャック当該機であるF-GBEC

事件当時、アルジェリア内戦状態にあり、アルジェリアを飛ぶ航空機撃墜される危険性があった。現地のフランス人の帰国の足を確保するために出されたエールフランス機も、乗員はみな志願者だった。

1994年12月24日、11時15分。アルジェリアのアルジェにあるウアリ・ブーメディアン空港から、フランスパリオルリー空港へ向かうエールフランス8969便(エアバスA300B2-1C 機体番号:F-GBEC)は、乗客220人と乗員12人を乗せ、離陸の準備をしていた。突如、アルジェリアの大統領警護警察を装った4人組の男が乗り込んできて、窓のブラインドを閉じるように指示した。そして、乗客のパスポートをチェックし、所持品をビニール袋へ入れるように指示して来た。エールフランス機が出発しないので、アルジェリアの空港当局は不審に思い、「ニンジャ」(Ninja)と呼ばれる特殊部隊をエアバス機の周囲に配置した。ハイジャック犯は、「アルジェリア航空」のロゴの入った作業服を脱ぎ捨て、隠し持っていたAK-47UZI、手製の手榴弾を振りかざし、ハイジャック犯であることを示した。さらに、彼らは20本以上のダイナマイトを機内に持ち込んでおり、ダイナマイトはコックピットに1束、客席中央部に1束置かれ、起爆装置で繋がれた。ハイジャック犯は客室係の制服に着替え、扮装した。ハイジャック犯は、乗客を男女別々の座席に分け、女性客(女性乗務員も)にはショールを被らせた。

アルジェリアの内務相が空港に到着し、ハイジャック犯との交渉が始まった。犯人グループは機長を通じてイスラム救国戦線(FIS)の2人の指導者の釈放を要求した。FISは1992年以降、アルジェリアでは非合法組織とされ、この2人も自宅軟禁にされていた。一方、内務相はもし政府と交渉したいのなら子供と老人をまず解放するように説得した。その頃、フランス内務省でも危機管理チームが発足していた。エドゥアール・バラデュール首相や政府高官は、みなクリスマス休暇から呼び戻された。アルジェリア政府は特殊部隊ニンジャを使った強攻策を主張し、フランス政府は苦しい外交交渉を続けた。

ハイジャック勃発から2時間後、ハイジャック犯は機長を通じて旅客機を取り囲むアルジェリア軍特殊部隊を撤収させ、8969便を離陸させるよう要求したが、受け入れられなかったために、ハイジャック犯は機体を爆破させると警告した。ハイジャック犯は、乗客の中にアルジェリアの警官が一人いることに気づいた。そこで、その警官を射殺、滑走路に投げ捨てた。次に、乗客の中からアルジェリアのベトナム大使館に勤務するベトナム人男性を選び出し、射殺した。ハイジャック犯に対する彼の対決的な姿勢が怒りを買ったとされる。

フランス政府は、機体がフランスのもので乗客の多くがフランス人であるとして、アルジェリアに対してフランスの特殊部隊を送ることを提案、しかし、アルジェリア政府に拒絶される。夜になってエールフランス機には照明が当てられた。この間、フランス政府は国家憲兵隊治安介入部隊(GIGN)の投入を決定、スペイン政府からGIGNをスペインのマヨルカ島に出動させる許可を得た。アルジェリアに一番近いためであった。GIGNは、パルマ・デ・マリョルカ空港に移動する間にエアバスA300に習熟し、急襲作戦を練り上げた。その頃、アルジェリア政府は最終的にフランスの協力を拒否する通告をしてきた。

翌25日はクリスマスであった。パリに戻ったバラデュール首相は、ここでアルジェリアの武装イスラム集団に潜入させている諜報員から緊急連絡を受けた。このハイジャックの目的は、エールフランス機をパリ市街に墜落させることであった。

乗客の一部を解放するよう促す交渉で、女子供、それに病人の63人が解放されたが、依然170人以上が残った。ハイジャック犯は、アルジェリア人乗客のさらなる解放には同意したが、フランス人乗客の解放は許可しなかった。アルジェリア当局はナイトビジョンを用いて機内のハイジャック犯の首謀者を特定、その母親を連れてきて説得工作を開始した。しかし、これが犯人を激昂させる。飛行機を離陸させなければ30分おきに乗客を殺すと警告、アルジェリア当局が離陸を許可しなかったため、3人目の犠牲者としてアルジェリアのフランス大使館に勤めるシェフが殺された。このことでフランス政府はアルジェリア政府に対してエールフランス機をフランスに向け離陸させるように圧力をかけた。その結果、ハイジャック発生から39時間経過したときに、やっと8969便の離陸の許可がアルジェリアから下りる。しかし、補助動力装置をこの間ずっと稼動させていたため、8969便にはパリまでの燃料は残されていなかった。犯人側は「マルセイユまで飛べるか」と機長に確認、マルセイユ・プロヴァンス空港まで飛行して、そこで給油することとなった。

26日深夜、8969便はマルセイユに着陸しようとしていた。しかし、そこには既にGIGNが待機していた。GIGNは、マヨルカから既にマルセイユの空軍基地に展開を終えており、突入作戦の訓練も完了し待ち構えていた。3時33分、8969便は漆黒のマルセイユ・プロヴァンス空港に着陸、フランス当局は故意に8969便を空港ターミナルから遠い空港の隅に誘導した。

ハイジャック犯は27トンの燃料給油を要求、しかし、マルセイユからパリまでは9トンもあれば十分で、燃料を満タンにした8969便をパリ中心部に突入させるという犯人側の狙いが確認された。既にフランス当局はマルセイユ空港から8969便を一歩も出さない決定を行っていた。午前8時、犯人側は9時40分までに離陸させるように要求、フランス当局は給油だけでなく食糧や水の補充などで時間を稼いだ。交渉人は、犯人側に機内で記者会見し政治声明を出したらどうか、と促し、犯人側も同意。マスコミをいれるために機内前方を空けるように説得した。これは、GIGNの突入のため乗客を機体後部に集めておくためだった。その間、GIGNは空港職員を偽装して接近、8969便のドアが完全にロックされていないことに気づいた。GIGNは窓に盗聴器を設置、それにより犯人の位置関係を完全に掌握した。GIGNは陽が落ちるのを待った。マスコミが現れないのでハイジャック犯は怒って機長に8969便を移動させるように命令、機体を管制塔ターミナルの方に移動させた。これは、8969便は爆弾を搭載しているのでGIGNには予想外の事態だった。GIGNは急遽、編成を組み直し、狙撃手を管制塔に配備しコックピットを狙わせた。11人ずつのチームが2つ編成され、それぞれが左側後部ドアから突入する。さらに8人編成の第3のチームは右側後部ドアから突入する。狙いは犯人たちをコックピットに隔離することだった。

午後5時、当局は給油作業を一方的に中止、怒った犯人側はコックピットに来て4人目の犠牲者を物色し始めた。犯人たちはドアを開け、滑走路に銃を乱射、機内アナウンスでコーランを詠み始めた。さらに、交渉人が管制塔にいると思った犯人側は、管制塔に向けてコックピットから銃を乱射し始めた。これで突入が決まった。タラップが機体に近づく。それに気づいたハイジャック犯がGIGNに発砲、その時、2チームが後部ドアから機内へなだれ込んだ。GIGNの催涙弾閃光手榴弾が炸裂、ハイジャック犯の手製手榴弾の1つが爆発したが、被害は軽微だった。GIGNは、人質となっている乗客に「伏せてろ」と指示、ファーストクラス付近で激しい銃撃戦が始まった。その間に副操縦士はコックピットの窓から飛び降りた。これで障害物がなくなり、管制塔から狙撃手がコックピットの犯人をピンポイントで狙撃し始めた。GIGNは、乗客を機体後部の非常用シュートで脱出させた。この時点で4名の犯人のうち3人は射殺され、最後の1人はコックピットに居た。銃撃戦は20分続いたが、犯人は弾薬を撃ちつくし、それで運が尽きた。最終的にハイジャック犯4名は全員射殺された。機内にいた154人のうち、乗客13人、乗員3人、GIGN隊員9人が負傷した。GIGNの1人は重傷であった。

事件後[編集]

機体は激しく損傷しており、15年という経年機とあって、登録を抹消された。

8969便は欠番となり、3543便または7667便へと変更された。

事件直後、武装イスラム集団アルジェリアにいたカトリックの神父4人を報復で殺害した。3人はフランス人だった。また、アルジェリアの武装イスラム集団の指導者は、8969便をエッフェル塔に突入させる計画だったことを認めた。

乗客の多くはアルジェリア人であった(これは、ハイジャック犯には予想外だった)。犯人のリーダーは、25歳のアブドル・アブドラ・ヤヒアで、アルジェ近郊で八百屋を経営し窃盗を繰り返していた。

映像化[編集]

関連項目[編集]